【スッキリ】「嫁子さん、悪いけどお酒買ってきて」と私にお寿司を食べさせない義母。3年目の正月にお寿司爆食いした

プッチプチですが正月やらかしてきました

私はお寿司が大好き、ほんと死ぬほど好き。

義理実家はそれを知ってか知らずか、
集まりの時は必ずお寿司の出前を取ってくれる。

スポンサーリンク

一年目の正月、高級寿司桶に訪問した瞬間
恥ずかしげもなくテンションMAX。

事前にトメ様に好きな食べ物を聞かれていたので、
なんて素晴らしい義実家様なんだ!っと大感動。
しかしお茶やお酒、赤だし、御節などの用意に時間がかかり、
残りものの分厚い卵とガリしか食べれなかった。

二年目、昨年は義理実家が用意したので、
今年は私達夫婦がお寿司の出前を用意することに。
事前にバッチリ準備してさぁ食べようかってなった時に
トメ様が

 

「嫁子さん、悪いんだけどお酒が無くなってしまったから
買ってきてくれないかしら?」

 

帰ってきたら昨年と同じ状態の空っぽ寿司桶。
それを見た瞬間

 

「あれ、これわざとじゃね?」

 

っとやっと気づいた馬鹿な私。

スポンサーリンク

3年目の今年、お寿司は義兄夫婦が準備してくれた。
兄嫁さんと一緒に机に並べられた瞬間爆食い開始。

 

「わぁ~とってもおいしいです!
兄嫁さんありがとうございます!(バクバク)」

 

「いいのよ嫁ちゃん、
私も今年はいーっぱい食べるわ!!(バクバク)」

 

旦那達が話しかけても無視、
ウトメが静止してきても無視、親戚の子供が泣き出し
てお寿司に飛び出してこようと、
寿司桶抱えて部屋の中を逃走。

残りは持ち帰っちゃおー!

と言って兄嫁さんとタッパーにお寿司をつめつめ。

トメ様、なぜかご立腹。
一緒のことしただけなのにね。

 

「去年も一昨年も一個も握り食べれなかったんです~」

 

っと私。

 

「私なんて結婚して数年、こちらにお邪魔した時は
食事なんてロクにしてないわぁ~」

 

っと兄嫁さん。

空っぽになった寿司桶(卵とガリ残し)を

 

「残りはどうぞー」

 

っと言って机にドンっと置いて、
仲良く二人揃って福袋買いに行きました。

スポンサーリンク