パパは私より仕事が大事なんだよね。こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない

22で結婚してすぐに娘ができた
27になった時に義母の調子が悪くなり、同居することになった
仕事も順調に娘も優しい子に育ってくれた
だんだん義父が夫婦や娘の事に口を出すようになったので
その頃から義父と言い争う様になって険悪になった時に
ある日娘の誕生日について大喧嘩になった

スポンサーリンク

娘の誕生日は平日だったので、
俺が早めに帰って一緒にやることにしていたのに
義父は、昼下がりから俺以外で外食してお祝いして、大きなケーキを食べていた
何も知らない俺は、誕生日ケーキを買って帰ったが

娘から「おじいちゃんからもっとおいしいケーキ貰ったよ、
    みんな祝ってくれたのになぜパパは私より仕事が大事なんだよね
    こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない」

朝起きたら、包装されたままのケーキと
プレゼントがごみ箱に捨てられていた
出勤途中も涙が止まらなかった
義父に何度も夫婦のやり方に干渉してほしくない、
それができないなら別居すると話していた
次の日、義父から妻が署名した離婚届を押し付けられて、
「やっと娘の目が覚めた、お前は早く出ていけ」
妻に話をすると父は言いだすと言う事を
聞かないから無視しとけばいいと
俺の気持ちに無頓着過ぎて醒めて行ったし、
娘は俺の事を役に立たない、
いなくてもいいと言い出すし
悲しすぎて仕事に自分の存在意義を求めるようになった
新子会社の役員に抜擢する話があって、
受けると出世するが転勤が必至で
今のままでは転勤するわけもいかずと悩んでいた
俺の誕生日の朝、妻が料理作って待っているから、
早く帰ってきてと言われて帰ってみると、家は真っ暗で
わざとその日に2ヶ月後の義父の退職祝いを
俺抜きでやっていたらしい
妻に文句言うと、父もあと20年くらいしか生きないのだから、
それまで我慢しろってさ
娘の成長も祝えない、自分の事も祝ってくれないのに悲しくなった
毎朝、俺の食事だけが俺の書斎に用意されて、
晩飯も書斎に置かれていた

俺は自分の為に生きようと考えて、
子会社の役員と転勤を受け入れ、家庭の事情を説明した
子会社に移動日に、義父から押し付けられた離婚届を提出し、
長期出張と言って家を出た
俺が使っていた箪笥に、妻、娘、義父宛に
手紙を書いて出て行っていた
子会社に勤務して、3ヶ月後にやっと手紙を見付けて、
元会社に連絡してきたらしいが
上司は相談していた通りに、退職しました、行先は知りませんと
転職して、1年後出来婚して、男女の双子の親になった
やっと、自分の家庭が持てたの幸せを感じている
置いてきた娘の中二になるかと思うけど、
自分の子供だった感情がだんだん薄れている
今の妻と2人の子供たちが本当の家族だと
自分の幸せはここにあるのだと実感している

元妻への手紙の内容は、俺との生活より親との生活を
この先20年、または親がタヒぬ優先するなら
これ以上お前とは生活できない
親とタヒぬまで生きればいい、
俺は自分の人生を生きる
お前との結婚生活は、
無かったことにするので俺の事はすべて忘れろ

娘には、父親が娘の為に
買ったケーキやプレゼントを捨てたり
父親の誕生日より、思いついた外食を優先するような
父親を必要をしない娘なら、父親もそんな娘を必要としない
今日よりお前は俺の娘ではないので、
偶然会っても声を掛けるな
父親でもなくなった男の事は忘れろ
俺もそんな娘の事は最初からいなかった事とする

元義父には、一つの家庭を壊した責任を持って、
俺に代わり妻と娘の人生の責任を取れ
二度と俺の人生に関わってくるな

娘は引きこもっているらしいが、
人の気持ちを考えられない
人間には反省することも必要だろう
俺は、許さないし、関わり合わない

俺の財産は、
今の家族に生前分与を出来るだけ多くするつもり
無理して向こうからは、
接触しない限りは何もしない

養育費については向こうが俺を見付けて、
言える根性があるなら考えてみる
払いたくはないけど

前職に、娘と同級の子を持つの同僚がいて、その情報
親を親とも思わない娘は、どうなろうと関係ない

中二の娘だったガキは、
俺の血を引いているよ
それは間違いない、
俺の身体的な特徴を嫌って言うほど引き継いでいるから
だからこそ、元義父も娘も俺の事を嫌っていたんだろうと思う
俺もあいつ等は大嫌いだからお互い様だな

2歳半だ、本当にかわいい
前のガキにはパパと呼ばれていたから、
それはトラウマになっている
今度はおとうさんと呼ばそうとしているけど
おとーしゃんって言ってくれて、
子供ってこんなに可愛いものだったんだって思ったよ

親を親とも思えんガキを切り捨てて何が悪い
学校でも父親の事を馬鹿にして、
同級生や先輩からも諌められても
考える事しなかった馬鹿に愛情なんてない
金が欲しけりゃくれてやるけど、
どの面下げて来れるのか見てみたいものだ

出来婚したのはミスだが、
交際時には両親の許可と身の上を話して了解して貰っている
ご両親とは仲良くして貰って、
誰も犠牲になっていないし、誰も不幸になっていない

俺を叩いている人間も多いが、そんなことは分かってうえで
仕方なく家族を捨てたんだ、捨てたくて捨てたんじゃない
自分の家が自分のものじゃなくなるのを見てない人間が
聞いたことをぬかすなよ

スポンサーリンク

5年間、娘を一人で遊びに連れて行って、
パパはママとお前と幸せにするために頑張って
働いているって諭したが
家を出る1年前は、声を掛けても避けられるし、
パパとも言われずに、お前と言われるしかなかった
お前なんてタヒんでしまえって、くそじじいとともに言われた
俺の誕生日をしたくないといったのも娘だ
俺の誕生日に家にいたくない、おじいちゃんと外食したい
仲のいい家族だけで食事したいと言ったのも娘だ
自分の誕生日に一人で家で待っているを俺に
家族に無視されてどんな気持ち?
悔しい?出ていけば?って言ったのも娘だ
こんな子供に俺がしてやれる事などない

娘が、学校で俺が出て行ったことを武勇伝にみたいに言ったことで
同級生、教師からも非難され、やっと自分の罪に気が付いたんだろう
いくら後悔しても許され無い事を分からせてやるのは、俺しかないんだ
こいつがまともになるためには、俺が許しちゃ駄目なんだ

俺が出ても、元妻の方からは俺の
実家にも連絡は来なかったし
共通の友人にも問い合わせもしない
それが、俺に対する元妻の扱いだろう
手紙と一緒に、貯金の半分は置いて来た
これで縁は切れたと思っている

俺に出来ることは、今の家族を幸せにすることだ

ネタならネタと思ってくれていいが、真剣にコメントくれた人、
耳に痛い言葉で自省させてくれた人には感謝を込めて書く
前の書き込みをして少し気持ちが落ち着いたので、
本当に言いたかったことを書こうと思う
続けて書こうと思ったんだが、ネタだの嘘くさいと言われたくなかったのと
俺自身落ち着く時間が必要であった

今の元妻実家の状況は、元妻と新婚の時から借りている家に
そのまま住んでいる
元妻も娘も旧姓に戻りジジイの思い通りになった、
養子縁組までしたのかは、不明
母親は寝たきりながらも健在で、ジジイは去年、
脳梗塞になって病院に運ばれて
手にシビレが残って通院しているが、
相変わらず威張り散らしているらしい
俺が残した手紙は、娘に読まれずに捨てられたみたいだ
家の様子も俺がいなくなる前と何も変わっていない
誰かが書いたように、前の家族に捨てられたのは
俺のほうだと思い知らされた

残してきた娘からの手紙を前職の同僚Mを通じて渡された
自分が忘れようとしていた過去をまた思い起こして傷つくのが嫌で
数日読まずに手元にあった
読む勇気がなかなか無かった、
あの娘の冷たい目を思い出して手が震えた
前の娘の事を誰かに聞いてほしくて書いた
自分の感情を抑えきれず感情的になり、
文章も誤字脱字や助詞間違いで申し訳ない

手紙は子供なりに言葉を選んで書いたであろう文字が綴られていた
長い長い謝罪の言葉のその後に

祖父に言われたことが全て嘘であった事が分かってきた

パパが浮気をしていて、それを誤魔化す為に
娘やママに必要以上に優しくしている
家族でパパに冷たくして反省させようとしていた
パパが浮気して、その女性に貢いで家にお金がない
パパがいなくなれば、祖母の病気を治せるお金ができる
この事をパパに言えば、怒ってボウリョク振るうかもしれないので、
パパにも誰にも話してはいけない
家族みんなが幸せになるためには、パパを追い出すしかない

パパが出て行って、本当にうれしくて学校で話したら
それは違うと、何人かの人に説明されたけど信じられなかった
パパが出て行っても、祖母を治そうとしない
かなり前からママが浮気をしていた事を知って
ママに浮気していたからパパを追い出したんだと言ったら
頬を叩かれて、ショックで2週間学校を休んだ
自分の家がおかしいと思った時には誰にも相談できなかった

パパと同じ会社だったMのお父さんに聞いて、本当の事を知った
でも、自分には何もできないので、このまま祖父やママには言わない
ママに内緒で高校を卒業したら、
パパの傍に行きたいのでパパと連絡が取りたい

すぐに返事書けない
今は冷たい目をした娘しか思い出せないし
謝罪の言葉も何か裏があるように考えてしまう
読まなきゃよかったよ
どうしたらいいのか、ゆっくり考えている

娘の養育費、学費に当たる金を残してきている
元妻宛の手紙には、この金は娘の為に残すと書いて来た
当時の銀行の残高証明と手紙のコピーは持っている
向こうが何か言ってきた時には
元娘名義の学資保険は解約せずに持っているので
渡そうと思っていた

俺がどこに住んでいるのかも知らないから
娘は俺と一緒に暮らしたいわけじゃなく、
実家から離れたい
誰も知らないところに行きたいが、
傍に相談する相手もほしい位の意味だと思う
娘の真意や本心がわからないのでどうしていいか分からない
俺の住んでいるところは、
大学が多いので独り立ちの援助はするが
今の家族もあり、一緒に暮らすのは考えられない

今の妻や妻の両親とは、全て話している
高校卒業後、進学でこちらに来るなら
娘を妻の両親の家に住むことを提案されているが
常識的に無理があるし、向こうのジジイを妻の両親に合わせたくはない
就職ならば、住居の保証人位は成ろうと思っている

娘が高校卒業するまで時間があるから、
それまで状況が変わるかもしれないので
じっくり考えてみる
聞いてくれてありがとう

最後に、娘は俺が残していった通帳を持っている
使わずに残してあったようで、医学部以外なら学費は大丈夫なので
金の無心に来ているわけじゃない
ジジイは大手企業を勤め上げているから、
年金は結構支給されている

元妻の浮気の件は、出て行った時に複数の人間から聞かされた
当時は、人生に絶望していたからそんなことはどうでもよかった
自分の女の見る目がなかったという事なんだなって終った

これが最後の報告になる
同僚Mに俺の行方が分からなくなった、
手紙も行方不明になったと言ってほしいとお願いした
娘が独立したころ、会える気持ちが残っていたなら会おうと思う
10年くらい経って、娘がその気持ちが
残っていたならの話だけど
今は今の家族を大事にしたい

スポンサーリンク