自分の意志で子供を持った幸せな人たちをなんで子供がいない不幸せな人たちが 助けなきゃいけないんだ?

育休、産休、子育て支援、保育園・幼稚園無料化、
子育て世帯への税金優遇
・・・これら全部おかしくない?
正義みたいに言われてるけどさ

自分の意に反して、怪我や病気、
障害になって働けない人は絶対に助けるべき
これはわかるし、当然だと思う

でも、自分の意志で子供を持った幸せな人たちを
なんで子供がいない不幸せな人たちが
助けなきゃいけないんだ?

「子供がいると、手間も金もかかるし、大変。だからお金くれ」

って言うけどさ、子供がいることって幸せじゃないの?
少なくとも本人はそう思って自分の意志で
子供を作ったんでしょ?

なのに、「子供がいると大変だからお金くれ」
っていうのはおかしいよね

スポンサーリンク

少子化対策と子育て支援は全く別なのです

子供を増やそうと思えば、
これから妊娠して子供を産んだ人に
お金をあげるってことにしなきゃ子供は一切増えない
新規入会キャンペーンと同じ

子供を産んだ人にお金をあげるのも不公平だと思うけど
それは国の将来のためだから我慢も納得もできる
よって、上記のように少子化対策には賛成です

でも、すでに子供がいる人にお金をあげて、
子供は増えるか?
全く増えないよね?
だから無意味だし、無意味な不公平
だから反対してる

こういう主張をすると、

「すでに産んだ人と、これから産む人の差が不公平じゃないか!」

という反論が出ます

確かに不公平ですね
でも、介護保険ができる前は、
高齢の両親の世話は子供や子供の配偶者が
していたんです。

スポンサーリンク

入浴介助から排泄介助まで何から何まで。
それはさぞ大変だったでしょう
また幼稚園・保育園の無償化、
高校の無償化、・・・それらだって無償化されていなかった
世代の人たちから見れば、不公平でしょう

でも、制度が変わるときには不公平ができるのは仕方ないんです
子供がいない人が新規で子供を産んだ人にお金をあげるのだって
不公平なんです、でも我慢してるんです、国全体のためなということで

だから、すでに産んだ人の不公平感もわかりますが、我慢してください
国全体のためなんです、みんないろいろと我慢してるんです

子供がいると、不安なだけですか?その何倍もの幸せはありませんか?
なのに、お金が欲しいのですか?

私はすでに理由もつけて説明したように、子育て支援には反対です。
必要なのはあくまで少子化対策のみだと思っています

国家がどう思うかは関係ありません
すでに生まれている子供に対して
お金をあげても子供の数は一切増えません
新規入会キャンペーンでなければ、新入会者は増えません

スマホをすでに1台契約している人が、新たに2台目、3台目と契約すれば
新たに契約した2台目、3台目については
新規入会キャンペーンが適応されるのと同じです
すでに契約している1台目に適応させる必要はないですよね?

あなただって国や会社、友人、家族、・・・何でもいいですけど
○○だったらなとか、○○すべきだとか、
思うことは一つか二つぐらいありますよね?
私はそれをただ書いてるだけですよ

国のルールを破るとか、自分が議員になってルールを変えるとか
そんな大層なことは考えてませんよ
ただ純粋に自分が生活をする中で思う疑問や不満を書いてるだけですよ

私は、私なりに、私の主張に対する疑問・反論に丁寧に答えているつもりですが・・・
私の主張のどの部分がどう理解できないですか?もしくは反対ですか?

PS 主張などと言う大層なものではなく、
無知な私がただ思うことを書いてるだけですが

スポンサーリンク