きっかけは旦那のカバンから聞こえてきた 隠し携帯の着信音

私が離婚するとき父に全ておまかせした事
薬剤師として働いていた私は
拘束時間が減って家事が出来るよう
結婚したタイミングで
町医者をしている父の所で働き始めた
給与は同じだったし
拘束時間が減るから旦那も大賛成だった

スポンサーリンク

でも1年もしないうちに旦那の裏切りを知ってしまった
きっかけは旦那のカバンから聞こえてきた
隠し携帯の着信音
チャンスを狙って調べてみると真っ黒なので直ぐに醒めた

昔から揉め事に首を突っ込みたがる父だから
最初に言わないと私にトバッチリが来そうなので相談したら
想像していた通りに
「よく最初に相談してくれた!後は全てまかせろ」

私の希望は子無しだから
離婚一択で慰謝料よりも社会的制裁を優先
ゴタゴタに関わり合うのは避けて、
しばらくは一人でいたい

それから2週間は父の指示に従って
仕事が終わってから実家でゴロゴロしたり
食事したり風呂まで使ったりして帰宅時間を遅らせ
私が遊びまわっていると思わせて
顔を見ないことに専念した

いっぽう父は興信所を使って
相手の女の素性等を調べあげ
同じ事務所の年上既婚女性、
毎日退社と同時にデート直行してる
どんだけ猿なんだと思ったけれど言わずに耐えた

そして変則的な週休2日の旦那だけが出勤する土曜日に
作戦は第2段階
白紙の離婚届だけを置いて、
兄と兄嫁さんに手伝って貰って家出を決行!

行き先は実家だと近すぎて
ゴタゴタに巻き込まれる心配があるので
バブル時代に父が投資目的で買った
不良債権のリゾートマンション()
幼いころに行った記憶があるけれど、
まだ持っていた事に驚いた!
兄が事前に調べてくれて
居住可能だと言っていたけれど不安だったよ

独身時代に買った私の小型のスポーツカーには
荷物が載らないから
兄の大きな車に荷物を積んで
兄嫁さんを含んだ3人で分乗して出発
私が不安にならないように
兄嫁さんが助手席に座ってくれて嬉しかった

スポンサーリンク

途中の道の駅で犬猫病院が
子猫あげますの看板を掲げていて
そこでつい貰ってしまったのは、
やっぱり寂しかったのかな…

到着したら不安は的中していてゴタゴタしたけれど
兄嫁さんががんばってくれて翌日には居住可能になったw

父は日曜日に旦那が尋ねて来る事を期待して
1日中待っていたらしい
正直に全て話せば穏便に済ませるつもりで

でも父の所に来るとは思わなかった
着信は拒否したので旦那からの連絡はメールだけ
内容も私の裏切りを疑っているようで、
何処にいるの?何も聞かないから
早く帰ってきて欲しいしかなかったからね

月曜日になって父の作戦は第3段階に移行

旦那が勤めている事務所は
ビルの1階でそのフロアに20人ぐらいいる
その事務所の始業直前に凸撃したそうな
「旦那君!今朝娘から連絡があった!
家出とは何事だ!
交際相手の○○○○さんとはどの人だ!」

それも毎週月曜日に朝礼をするため
全員が集まっているところで

まあ嘘は言っていないけどね…
その後交際相手を確認して
「後で自宅まで行くからおとなしくしてろ」
と言って帰ったとか

私の所に父が依頼した弁護士先生が尋ねてきたり
父や母が様子を見に来たりして
1ヶ月ぐらいで全て終了したんだけれど
この作戦にも誤算があって
私が家出した先はスキー場に隣接なんだよね
雪道は運転したこと無いし猫もいるから
帰るタイミングを失ってしまって
まだ猫と一緒に雪国で暮らしている

父は全て終了後に高級メロン持参で
事務所に謝罪名目で尋ねたとか
旦那は退職し女も旦那さんが挨拶に来て
離婚云々らしい

女は修羅場だったと今でも思っている

書き忘れたけれどこっちで仕事は見つけたし
住民票も移しちゃったよ

スポンサーリンク