妊娠していて結構お腹が大きくなった友人を交えてランチをした。
妊娠6~7ヶ月くらいだと思う。
その友人が「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」
なトーンで語った話がどん引きだった。

・働かざるもの食うべからず!
産休育休中はお前の貯金だけで生活しろ
・家事育児は一切手伝わない。
俺の親はそんなことをさせるために産んだんじゃないから
・俺は働いてるから睡眠時間を削るな。夜に泣かせたら罰金取る
・腹が大きくて気持ち悪いから食事中は視界に入るな
・つわり、むくみは気合が足りないから
等々…

スポンサーリンク

皆驚いて「旦那さん普通じゃないよ」
「実家のご両親に言って話し合った方が」と勧めた。
友人はウンウンと聞いていたけど、最後に

「そうだよね、私の我慢が足りないんだよね。旦那に感謝してガンバル!♪」

と笑顔で宣言。

呆気にとられた。
いや誰もあなたの我慢が足りないなんて言ってないよね?
みんな旦那に引いてたよね?と…
友人が言葉の通じない宇宙人になったように思えた。
その後メールが来て「旦那がパチでアメ取ってきてくれた~幸せ!」だって。
妊娠中の一過性の精神状態なのかな?
出産後もこの調子だったら距離おきたい…

私は直接ご実家を知らないんだけど、
別の友人が知ってるから相談してみる。
なんていうか幸せオーラっていうよりイっちゃってる感じだった。

スポンサーリンク

あの後、友人実家の連絡先を知ってる子Aが
「友人がおかしい」と連絡。
友人母が友人を訪ねていくと引っ越していた。携帯もつながらない。
友人母が、連絡してくれたAに電話。
「娘が引っ越している。電話に出ない」
番号は変わっていないので、Aの番号から友人に連絡。
今いるアパートがわかったのでAと友人母で迎えに行き、車に乗せて実家へ。
友人は「お母さん!お母さん!」とやっぱり凄くハイテンションでヘラヘラしていたそうです。
あとで友人の携帯を確認したら、
友人父母と兄の番号が勝手に拒否にされてたらしい。
その後、友人の貯金を旦那が使いこんだのが発覚したり
友人の内腿と背中にいっぱい痣があるのが発見されたりで
離婚話→出産→調停→離婚成立
でした。
結果論だけど、あの時ランチに来なかったら
色々間に合わなかっただろうから不幸中の幸いというか…
元旦那からまだ時々メールが来るけど全然ロミオメールとかじゃなくて
全部お金がらみの命令形の文章だそうで(何日までにいくら振りこんどけ!とか)
なんで離婚になったのか全然わかってないらしい。

補足
元旦那がモラハラになったのは堕胎時期を過ぎてからだそうです。
引越し、携帯拒否などもその後だったそうだから計画的っぽいです。
元旦那は、ランチのメンバーでもあった友人Bの旦那の同僚でした。

友人は元の落ち着いた友人に戻りました。
本来はおとなしい、人の話をウンウンと聞く聞き上手の子なんです。
モラハラ旦那の意見も聞きすぎちゃったのかも

スポンサーリンク