息子との最初で最期のドライブ

生後二ヶ月の息子がタヒんだ。
まぁこれだけでも十分衝撃的だったのだが。

霊安室に移されて霊柩車を手配するんだと
思ってて看護師にどうすればいい?って聞いたら

「え?お車で来てらっしゃいますよね?」

って。

スポンサーリンク

オレ
「???」

「お父さんのお車で一緒に帰ってあげて下さい」

て何か「どうぞおもちかえり下さい」って
感じでいいのかそれで、と思った

スポンサーリンク

その後手続き色々済ませて
車を病院の入り口に横付け。

正面玄関ではないものの
一般の人も多く出入りする入り口。

しばらくすると泣き腫らした顔で
真っ白な我が子を抱いた嫁が
医師・看護師ゾロゾロ引き連れて出て来た。
状況を察し一斉に散る外来患者or面会者(昼間だったから)。

そんなシーンの真ん中にいる自分。
まさかこんな日を迎えることになるなんて
思ってもなかったよ。

息子との最初で最期のドライブは
なかなかいいもんでした。

スポンサーリンク