大学時代に食あたりで夜中に病院に行った時に、
すぐ後に救急搬送されて来たのがアレの折れた男だった事。

あんまりビビって穴がキュッとなり
下痢の間隔が収まった気がした。
…押入り暴行魔らしかったので同情はしない。

スポンサーリンク

そうそう、ラップの芯は
とても扱いやすい武器になるらしい。
強カン魔はベランダから押し入って来て
女性は殴られたそうで。

「大人しくするから」

と言いつつ、いつも肩叩きに使ってたラップの芯握って、
ズボン脱いだ男のアレ殴って部屋から逃げ出したんだとか。

女性専用住居なのに男の絶叫がしたんで
同じ階の住民が通報した。

…同じ夜に被害者がいたらしい。

まぁ実際にアレよりラップの芯の方が
強かったみたいだし、突き上げるように打つと
芯カドってかなり固いよね。

毛布被せてあったけど汗ダラダラ&ガクブルしてた。

「コレはまた見事に折れて腫れてるねー、
寝返りでチョイ折れは診た事あるけどさ。
コレは滅多に見ないねぇー、警察官さん
コレ資料として写真に撮って良いかぃ♪」

スポンサーリンク

と、医者が素っ頓狂な声上げてたんで、
とんでもない状態だったのは確か。

酷い折れだと緊急手術になるそうな。

深夜救急って、救急車を降ろされて
すぐの所にある処置室に運び込まれるんだけど、
隣のベッドとの間隔が狭く、仕切りはカーテン1枚で、
とりあえず重症ではないと判断されると、
「音」しか聞こえないまま、暫くそこに
放置されたりする。(人が居ないから)

救急車のけたたましいサイレン、
患者の泣き喚く声、緊迫した慌ただしい
指示の内容から想像される、怪我の状態…

自分は、夜中に倒れた親の付き添いだったんだが、
カーテン越しにそんな生々しい音を聞かされて、
こっちも恐怖で倒れそうだった。

もちろん、カーテンを開ければ、
交通事故で悲惨な事になってるお隣さんを見るのも
容易だったと思う。(見なかったけど)

そんなプチ修羅場体験と、夜間の救急病院はプライバシー
筒抜けだから、折れの詳細も聞こえただろうな~、
って話でした。

スポンサーリンク