警察官と付き合っていたんだがいろいろと衝撃的すぎた

衝撃的というほどでもないかもしれないけど、

付き合っていた彼氏が職業病過ぎた。
警察官だったんだけど、デート中でもキョロキョロしたり、
車運転中でも対向車とか周りの車のナンバーチェックと
運転手の顔見たりしていた。
デート中の職場からの電話は当たり前で、
夜でも呼び出しがあったら休日関係なくすぐ出て行くほど。
スポンサーリンク

そしてついにはデート中に指名手配犯発見したらしく、
私を車に乗せたまま追跡しつつ、私に警察に電話かけさせた。
指名手配犯はあとから来たパトカーが車停めて捕まえていたけど、
彼氏もそのまま仕事に行ってしまい、
私が彼氏の車を彼氏の家まで持っていくことに…

仕事柄大変だというのはわかるけど、
そういったことが頻繁にありすぎて次第に冷めた。
私が我慢すればいいことなんだと思うけど、
あまりにもそういったことが頻繁にありすぎて疲れた。

そしてそういう警察官が多数いることが衝撃的でした。
私の友達も警察官と付き合っていたけど同様の悩みで別れた。

スポンサーリンク

スイーツと言われる意味がわからない。
付き合っていたから警察の大変さはわかっているけど、
四六時中仕事を持ち込まれたら双方ともに
心が安らぐ時間がない。

本当にいい人だったし、結婚も考えてくれたけど、
彼を支えていける自信がつかなかった。

警察官の離婚率が高いのも頷けると思う。
同棲していた期間でも毎週洗濯物の受け取りと着替えの届け。
夜食の準備と同僚たちへの気配りのための差し入れ作り。
帰ってきたと思ったら速攻で就寝。翌早朝出勤。

呼び出しにノーはありえないという事でいかなる時でも出勤。
ぶっちゃけホテルに行った時に10分で出たこともあるし、
デート中に速攻で帰るも多々あった。
遠出の旅行なんてまず無理だし、県内観光とかしても
呼び出しかかると彼だけ電車で帰ったこともあった
(車より電車が早かったから)

そういう生活を結婚してからも
続けていく自身が自分にはなかった。
本当に好きで愛していたけど、
その生活を長く続ける勇気がなかった
陳腐な考えかもしれないけど自分を見て欲しいという気持ちが
強すぎたんだと思う。
好きだからこそ結婚できなかった。
なんかメルヘン入ってるけど、当時はそう考えていた。
あと少しで三十路のアホな女が3年半付き合って熟慮した結果がこれです。

スポンサーリンク