父と血が繋がってないことを知った時かな
小学校3年生の冬休み
正月に叔父(父の弟)が遊びに来た
父と叔父は朝から酒を飲んで語り合っていた
どちらも酔うと声が大きくなる

スポンサーリンク

母と弟は買い出しに
私は手伝いでお汁粉に入れる白玉を量産
リビングとキッチンが繋がってる間取りで酔っぱらいの会話が筒抜け
うるさいと思いながら作業してたら父が泣きながら口走り始めた
「○○(私)は俺の娘じゃないけど俺の娘だ!」
「俺みたいな良い男と結婚する時に話す!」
とか叔父は適当に相槌を打ってた
どうも私は母の連れ子で私が1歳くらいの時に結婚したらしい
あの酔っぱらい親父…と思いつつ、まあ、良いかと深く考えずに白玉作成
そのうち、叔父が私がキッチンにいることに気づいたw
灰皿に水を入れに来たフリをして分かりやすく私の様子を伺う
「何してるの?」「白玉!」
楽しそうに白玉を丸める私を見て白玉に夢中で聞いていないと判断したようだ
安心して酔っぱらいの所へ戻ったw

スポンサーリンク

時は流れて中学
血が繋がってないのを意識する訳でも無く、普通に過ごしてた
あるとき授業で血液型云々の話
母と父からじゃ生まれない血液型w
面白いと思う程度で気にしなかった
で、無事、成人して社会人に

何が修羅場って私に結婚どころか浮いた話が1つも無いことだと思う
互いにカミングアウトのタイミングを完全に逸してるw

ついでに弟の修羅場と思われるのも
弟が中学の時、私に対して少し挙動不審に最初は思春期かと思ったが違うらしい
「学校で血液型のやつやった?」
「え!?」(めっちゃ声が裏返ってたw)
「あれ、面白いよね!」
「…う、うん」
何か言いたそうにしてたけどスルーしてやったw
暫くしたら開き直ったのか挙動不審は治ってた

…書いて気づいたけど弟が一番の被害者かもしれない
ごめん、弟よ

スポンサーリンク