ここ数年の出来事が修羅場だった
もう結果待ちなだけだけど、
一応フェイク…というかネタとして。

二十代になったばかりの頃、
友人に誘われて同じ趣味の人が集まるネット関係の遊びに参加した。
様々な年齢・職業の人がいて、A男はその中の一人だった。

A男は既婚で30代後半子蟻だと仲良くなってから知った。
まあでも、そんなことは別に珍しいことでもなく
老若男女独身既婚色んな人がいた。

スポンサーリンク

私は過去”令プ”やDVなどを経験していて、
男性とのお付き合いはDV男以降なく、苦手だった。

だが既婚だからこそ間違いがないだろうと
私が思い込み親しく話などをしていた。

私とA男は電車で二時間程度の距離に住んでおり、
こちらに遊びに来てみないかと言われた。
趣味に関するものもあちらには多かったし、
観光したかったので行くことになった。

当日は案内をしてもらい、
食事も名産というか名物があるところに連れて行ってもらった。

私は宿に泊まる気でいて、
夜も一緒に食事をし、
店をでてタクシーに一緒に乗った。

するとA男がタクシーの運転手に
近くの◯◯ホテルに連れてってくれと指示したので焦り

普通のホテルは近くにないの?
私は行きたくないといったのですが運
転手の方がこの辺には何もないから難しいですねえ…と。

今思えば、怖かろうとなんだろうと、
一人で朝まで外にいればよかったのかもしれないが

当時の私は夜一人で外にいるのが怖く、
仕方なく従ってしまった。

遅くなってしまいお酒も飲んで帰る手段がないといい
同じ所に泊まることになった。
何があるわけでもないし、
交通費などもかかっただろう、
同じ部屋にして俺が出すよとA男は言った。
悩みはしたが、既婚であるし変なことはしないだろうと考えて
しまっていました。

男性と極力関わらず生きてきてしまい、
思い込みから浅はかなことをしてしまったと今でも後悔している。

ここまででなんとなく察している方も多いかと思いますが、
無理やりされてしまいました。
こうなると黙っていれば殺されないという感覚が出てきてしまい
ひたすら耐えていた。

A男の出すぞという一言で我に返り中だけはやめて、
お願いと叫んだのも聞かず中に出されてしまった。
その後眠りこけるA男、私はすぐにネットから病院の予約をし、
次の日すぐに病院に行って薬を処方してもらった。

スポンサーリンク

以降、同じネットの趣味をする友人や
兄弟(こちらも当初友人と一緒に始めていた)にばらすぞと
言われていた。

そのうちA男は、
お前と結婚するなどと言い出し、
奥様に私と不倫関係にあると話した。

その時点で体の関係は最初の一度と、
軟禁状態で自宅に帰らせてもらえなかった時の二回目のみだった。

A男から連絡があり、
やっぱり家族が大切と連絡がありほっとし、
奥様に電話を代わってもらい事の顛末を少しでも話そうと思った。

奥様は電話に出ることを嫌がったが渋々了解してくれた。
二回目の軟禁状態の時暴力で従わされたので、
A男から暴力があり…と話している途中で
そんなこと、私だっていつもされてますから!!
と怒鳴られそれ以上話すことは叶わなかった。

だが関係がなくなるのならそれでよかった。安心してしまっていた。
それから数年後、奥様から慰謝料の請求をされた。
三年以内だったため、時効は成立していない。

私は悔しくなり、自分に裁判履歴が残ろうと公判に出向いて
恥ずかしい体験を語ることになろうと、
示談では絶対に済まさないと決めました。

それから実際裁判になり、
私は病院の診断書(薬をもらった時の)や家族や友人に話すぞ等
相手から来たメール、金銭に困っていたことが
書かれているメールやら出せるものはすべて提出した。

受けた辱め(無理やり口に突っ込まれて
吐いたり、排○もさせられた)をこと細かに書いた。

向こうからの証拠提出はほとんどなかった。
最初に裁判所から出た金額は100万には届かないくらい。

訴訟はA男近くの裁判所で、私は首都圏だったが、弁護士は
これだけ証拠を出してもこんな結果なのか
田舎の不倫や性関係の判決はひどいと
同業から聞いていたがこれほどとはと憤ってくれた。

私はこれに味をしめて他の女性が犠牲になることが耐えられなかった
いままで泣き寝入りしてしまって
強○や暴力のニュースを見るたびアイツ(DV男や令プ魔)だったら…
と考えてしまい自己嫌悪がひどかった。

裁判所が出した答えに私は絶望したが、
控訴することにしました。出せるものはすべて出した。

今までの感じから、
私や弁護士が納得行く結果は得られないと思います。

私の経験のなさ、知識のなさ、
苦手意識、恐怖、思い込みが招いた結果ですが…

そういえば、相手の未成年で飲酒喫煙されているお子さんが
「慰謝料で遊べるね!」
と呟いてるのを見ましたので、
二人で嘘をでっち上げてるのがなぜなのか
納得がいった気がします。

スポンサーリンク