子供を身籠ってお腹も大きくなった頃 声をかけられ振り向いたら思いっきり真正面からなぐられた

だいぶ前の話ですが、子供を身籠ってお腹も大きくなった頃
後ろから「あのーすみませーん」と
声をかけられ振り向いたら思いっきり真正面からなぐられ
咄嗟にお腹を押さえ、なぐられた勢いのままに後ろに倒れて
そこから記憶があやふやだけど誰かが叫んで何か聞かれ続けて
ぼんやりとしたまま答えていたら視界が暗くなって
気が付いたら白い服の人達に囲まれていた
それが病院の人達だと気付き、自分は助かったんだと安堵した

スポンサーリンク

落ち着いた頃に夫と遠方から来てくれた両親と義両親と会い、
「本当に運が良かった、奇跡的に赤ちゃんも無事なのよ」
と言われ初めてそこで泣いた

その後色んな人に色んな事を聞かれた
勿論事が事なので K察 の方とも何度かお会いした
ここで初めてはっきり自分に起こったことを知った
買い物に行こうといつもの道を歩いていたら突然後ろから男に声をかけられ
振り向き様に顔に一発、後ろに倒れその後に男に腹を数回蹴られていた
その場は私一人だったが
近くの民家の人がベランダで洗濯物を干していて
その家の数人がすぐに駆けつけてくれ救急車を呼んでくれたらしい

私とお腹にいた子が助かったのは
真冬で着込んでいた事と肩掛け鞄が倒れたときにおしり辺りにあったので
クッション代わりになってくれたこと
それから休日の昼過ぎで助けてくれた民家の方々が家にいてくれた事と
色んな偶然が重なってまさに奇跡的に助かった
犯人は逃走してしまったので暫く身の安全の為に
別の病院に入院することになった

それから暫くは夫と義両親と両親が
毎日入れ替わりで側にいてくれて怖い経験はしたけど
母子共に健康で出産を迎える事が出来て、
落ち着いてから助けてくれた方々にお礼をしようと皆で話していた時に
連絡が入り、犯人が捕まったと報告を受けた

で、その犯人は私の事を小中と苛めていた
女子グループのリーダーだったことが判明
旦那を嘘でけしかけて私を襲わせ、
子供を流産させる事が狙いだった
夫婦揃って塀の向こう側へと連れてかれた

で、その後の事を私は今日初めて知ったのですが

スポンサーリンク

夫の勤めてる会社は海外にも支社がある
普通に誰もが名前を聞けば分かるような会社で
そのいじめっ子のリーダーだった女(リーダー女と略します)の
旦那は夫の会社で働く清掃員 だったが
リーダー女に夫の働く会社の正社員だと嘘をつき結婚
リーダー女はその事を色んな所で自慢していたのですが
どこかで私の夫も同じ会社で働いてると聞き、
旦那に聞いてみたようで

うちの夫は変わった名字というのもありますが
それなりの立場についており、何度か海外出張して企画したもので
賞をとってるので会社のそこらじゅうに貼ってある
○○会社新聞とかで名前も出てるので
旦那は覚えていたんだそうです

で、リーダー女は昔苛めていた女が
自分よりも上の地位の男と結婚したことに
腹をたてて嫌がらせをしようと計画
フェイ○ブッ○やミク○
なんかを使い私の居場所を知ってる人を探して
「昔やったことを謝りたいから探している」と言い、
難なく居場所を知り当てていた
お腹の子を狙ったのは
過去にリーダー女が流産したという理由もあったから

そして私の事を探っていると
自分の旦那がただの清掃員だという事を知ってしまい
離婚騒動になったがリーダー女は
「離婚したくないと言うのならこの女の腹をなぐってほしい」
「昔私の事を苛めていた女が幸せにしていることが許せない」
「本当にやってくれたら離婚しないでやる」と嘘の話をして同情を買い、
脅して旦那は決行
おざなりの計画で私を襲い、
逃げたがリーダー女は約束を破り離婚届を置いて行方を眩ます

暫く逃げ惑っていた旦那の方は罪の意識に耐えられず自ら出頭
女は旦那の供述で後から捕まったという流れらしい

リーダー女は旦那から逃げた後
色んな知り合いの所を渡り歩いて逃げていたが
ついでに盗みを働きながら各地を転々としていたので
随分と長いこと表には出られないようです

その事を夫も両親も黙っていたのは私と子供を守るために
今までずーっとむねにしまっていてくれていたそうですが
あれから時も流れ、
済む場所も変えたのでもういいだろと話してくれましたが

これを聞いた時に昔の事を思い出して、
彼女に対して憎しみを持てず、
ただむねのつっかえが落ち楽になり私も年を取ったのだなと再確認

今は夫と二人の子供達に恵まれ穏やかに生きています

スポンサーリンク