娘が車に跳ね飛ばされたと電話があった。

数年前の修羅場。
娘が車に跳ね飛ばされたと電話があった。
その日は仕事で高速道路上での作業と聞いていた
10mくらい空を飛んだと聞かされて

「あぁ、娘はタヒんだんだ」

と覚悟して搬送先の病院に向かった。
これが第一の修羅場。

スポンサーリンク

結果的に娘はほとんど無傷だった。
というのも、咄嗟にぶつかってきた車に
腕立て伏せ?のような感じにして力を逃し、
10m弱吹っ飛ばされ、着地の時に受け身を取ったそうな。
タヒんでてもおかしくない事故だったのに
背中の打撲と手首を捻っただけで済んだ。

スポンサーリンク

第二の修羅場は娘を跳ねた車の運転手が
強盗で指名手配されていた事。
それも、私が独身時代に勤めていた量販店で、
その事件のせいで懇意にしていた店長が
僻地に飛ばされたりなんだりがあった
窃盗事件の犯人だった。

第三の修羅場は、
娘はある格闘技を長く続けているのですが、
師範の先生に事故に遭ったからしばらく休むと連絡した時に

「俺も昔、そんな感じの事故に遭った。
咄嗟の行動も同じだった。俺は骨折したけどな~」

とゲラゲラ笑われた事。
そして、全治3週間と言われていたのに3日で稽古復帰。

時は流れて娘と先生の息子との結婚が決まったので記念カキコ。

何が一番の修羅場かって言うと、
普通の人ならタヒんでてもおかしくない事故なのに
笑い話で済ませる人たちがいる事が一番の修羅場でした。

スポンサーリンク