前に利用したサンフランシスコ-成田の某米国系航空、
燃料ランプに異常ありって言うんで燃料空中投棄、
シアトルに緊急着陸&点検・整備という目にあって
到着が6時間遅れた。
時間は22時回ってたかなあ。

おかげで良いホテル用意してくれて
一泊(新幹線がもう無かった)出来てまあいいかだったが、
どこぞのリーマン御一行大激怒。

スポンサーリンク

その航空会社の担当者に
「会議に遅れた。補償しろ」
「休業補償しろ」
「会社までハイヤー出せ」と大騒ぎ。

ところが担当者の応対がこれまたクールで、

「どうしてくれる」
→「規定に則った、最善の対応をいたします」

「規定ってなんだ」
→「チケットに書いてありま

「英語だから読めん」
→「しらんがな」

スポンサーリンク

「訴えるぞ」
→「どうぞどうぞ本社はアメリカです」

「責任者出せ」
→「私が全責任を負っている者です」

「お前じゃ判らん」
→「ではもう一度最初から、詳しく御説明いたします」

という感じで、なんか合気道の達人が
チンピラをぽいぽいぶん投げてるようで
とっても気持ちが良かったでっす。

 

関係無いがこのジョーク思い出した

旅客機に乗客が乗り込み、
しばらくしても出発しようとしなかった。
1時間もした頃、機内アナウンスが流れた。

「こちらは機長で
本機はエンジンにトラブルが見つかりましたので、
離陸は中止いたします」

それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラもあり、
口々に「ふざけるな!」と叫んだ。

やがて再び機内アナウンスがあった。

「じゃあ、飛びます」

機内は大パニックになった。

スポンサーリンク