自分は鈴木花子で 父・太郎と母・春子の間に生まれ て姉・夕子との二人姉妹。全部嘘だったのか?

自分は鈴木花子(仮名)で
父・太郎と母・春子の間に生まれ
て姉・夕子との二人姉妹。

幼稚園の頃に仲良しだった
あっちゃんと遊んでた時に
2人で階段から落ちて頭を怪我した事がある。
小学校2年の時に体調悪くて教室で
吐いてしまった事があって
しばらくは『ゲロハキン』ってあだ名つけられて
不登校になった。
一か月程度だけど。

中学校では軽めの厨二病にかかって
こっそり自分専用の黒魔術の呪術書を
作ってたら姉に見つかり死ぬほど笑われた

スポンサーリンク

好きな人もいたけど告白したり
ましてや付き合ったりなんて事はなかった。
高校では初めての彼氏が出来た。
けど1年くらいで別れた。
相手の浮気が原因。

それがちょっとトラウマになって
高校時代の恋愛はこれで終了。

大学入学すぐくらいでサークルの先輩に
一目惚れ。猛アタックの末交際する事に。

別れてくっついてを繰り返しつつも
卒業と同時に彼と結婚。
2年後には女の子を出産した。
名前は私から一つとって花。
旦那は絶対女の子がいい!って言ってたから
もう大フィーバー。

仕事帰りに毎日ロンパースだの
おもちゃだのと買ってきて私に怒られてた。
っていうのが全部自分の妄想?
の話だと気付いた時が修羅場。

本当の自分は鈴木花子でもなければ
父は太郎でもないし母も春子じゃない。
姉なんて存在しないし、
私の記憶にある思い出は全て起こってない事ばかり。
そもそも自分は女ではなく男だった。

だからもちろん花を産んだりなんて
してるわけもない。
今はもうあれは頭の中で作ってしまっただけの
世界の事だったんだと理解してる。
思い出や親兄弟の事は整理がついた。
けど娘の花の事だけが諦められない。
陣痛に苦しんだけど元気にオギャーと出てきてくれて、
夜泣きがしんどかったけど母乳で育てて
添い乳しなきゃ全然寝なくて。
ギャン泣きしたら自分が抱っこしなきゃ
泣き止まないあの子が偽物だったなんて、
その事だけが信じられない。

スポンサーリンク

自分は鈴木花子~私に怒られてた。
までに書かれてる事全部が妄想の中の話だった。
この中に事実な事が何一つなかったんだ。
自分がおかしい事に親が気づいて
病院で診てもらったんだけど頭には何も異常がなかったから
原因はいまだに確定されてないけど、
たぶん日常生活のストレスだとかで
一時的に統合失調症のような症状が
出てたんじゃないかとかなんとか。

スタンド使いではない
けど自分自身でもよくわからないのが、
親に初めて病院に連れてかれたのが
現実の自分が高校2年の頃なんだ。
親が言うにはつい4日前までなんともなかったのに
その翌日から突然言ってる事がおかしくなったらしい
こういうのってよく長い間意識不明の状態で
入院しててその間頭の中で普通に生活を
してた~みたいな事はテレビで見た事あるんだけど、
自分の場合ごくごく普通に実際の男としての
生活を過ごしてるのとは別に、
もう一つの鈴木花子の人生を過ごしてたみたいなんだよ。
しかもいつの間にか
現実<鈴木花子の人生がウェイト的に
重くなったのかしらないけど
そっちが現実だと思い込んでしまってたって事で
自分では整理してる感じ。

カウンセラーは、

「幼少の頃にはわりとよくある妄想性
(周りには見えない自分だけのお友達を作ってたとかね
がなんらかの原因で
まさに人生を歩んでいくように
少しづつ積み重ねられていっていたんじゃないか。」

と言ってた。
カウンセリングに通ったり親や
友達の話を聞いたりして
自分は男だし鈴木花子という人物ではないと
わかってるけど、
内心本当にあれが嘘の人生だったのかという
戸惑い?はいまだにある。
ところどころの思い出がそれとなくある程度じゃなく
ちゃんと平凡な日常を1日1日過ごしてきた記憶があるし、
現実には高2の自分が習ったはずもないのに、
鈴木花子として習ったからなのか
大学の問題を解く事も出来たし何より花
を産んだ時の痛みをしっかり覚えてる

スポンサーリンク