小学3年生の子供が40キロの距離を自転車でこいで母親のいる実家までたどり着いた

シンパパは子供の世話は男の役目じゃない。
って考えのあふぉなんだよ。
姉の元夫そうだった。
卑怯な真似して子供取り上げ嫁(姉)を追い出した挙げ句、
ネグレクト、兄弟嫁に託児。
で、子は逃げ出し母親の元に。今は親権も姉にある。
自分で育てられないなら引き取るなっつうの。

卑怯な真似夫の所業について。
こいつはよそ行きの顔は本当に良くて、
自分や親もすっかりだまされてた。
だが、甥の態度が父親(姉元夫)がいる時と
そうでない時とで違うのや、
こちらがいない(と油断した)場所で
姉を怒鳴り付けているのを目撃、
などで不信感。

スポンサーリンク

当時結婚前と比較してみるからに
やつれてきた姉にそれとなく
探りをいれるも確証持てず。

同居の舅がかなり男尊女卑っぽい感じだったので
折り合いが悪いんだろうかくらいに思っていた。
そんなある冬、突然姉がうち(実家)に。
自分もまだ独身で実家にいた。
お母さんらの顔が見たくなって
突然ごめんと言うが、それにしては様子がおかしい。
まず、真冬なのにコートもなし、
外出する服装じゃない。
カバンも財布も持ってない(嫁ぎ先とは40キロ近
く離れているので、徒歩は考えられない)。
いままで積もり積もった心配事や疑問を姉にぶつけたところ、
以下のような話が。

夫には不倫相手がいて、
薄々気付いていたが証拠がないので我慢していた。
それが、姉が当時幼稚園児だった
甥の用事で外出していた間に相手を連れ込んで○×○

何も知らない姉が帰宅後洗濯のため
脱衣場に入ると風呂場に裸の二人が。
同居の夫両親は知らぬ存ぜぬ、
亭主の浮気は嫁がいたらないせい、
と逆に姉を責める。
姉は別れるなら見なかったことにするというも、
お前には関係ないと、
逆ギレした夫に車で実家に連行され放置。

姉は日常的に罵倒されて生活していたらしく、
ひどい抑欝状態。
しばらくして離婚届けが夫から送られてくる。
こちら家族は離婚は大賛成、だが一つ、
親権者が夫にと書かれているのでハンはつけないと伝える。
→夫側離婚調停申し立て
→夫両親と組んで、姉が精神未熟で子供の
世話をしないとか暴言をとかないことないこと主張。
→戦う力をすっかり失い、全部自分がしっかりできないからと
自分を責めるばかりの姉、反論できず。
甥の身柄が向こうにあったこともあり、こちらは不利。
泣く泣く親権をとられた。

徐々に快復した姉が甥との面会を申し出るも、
甥本人が拒否していると言われ実現せず。
両親、姉、何度か甥の通う学校に行き、
影から見守って涙を拭う。
急転するのは甥小学3年の時。
小さくなって捨てる予定だと聞いた友達の自転車をもらい、
なんとこいでこいで母親のいる実家までたどり着いた。
よく道を覚えていたんだなと両親びっくり、
仕事先で電話を受けた姉もびっくり。
甥、帰りたくないと。

スポンサーリンク

姉(元)夫に連絡、そっちでせわしてくれ、
ただし親権はわたさん。

この時はじめて知った事実、
不倫相手とは結婚せず。
離婚後すぐ元夫母が入院、手術、その後死亡。
それまではその元夫母が甥を世話していたが、
女手がなくなり、元夫弟嫁に押し付け
弟夫婦離婚危機に→託児断られる
それからは、洗濯もまともにしてもらえず、
提出物や行事の準備(遠足など)も前もって
お願いしても放置され、
強く頼んだら、母親ににてひねくれていると怒られ、
いつも忘れものばかりで惨めな思いをしていた。

家が国道メインでたどり着ける場所だったのも
幸いしたんだろうと思う。
甥が飛び出した直接のきっかけは、
学校で何か申し込みするものがあって、
父や祖父に〆切を含めしつこく
頼んだにもかかわらず忘れられる。
当然、担任にとがめられ、事情を正直に話す。
→担任から家庭に電話。
→父親、担任に親の悪口を言うなと叱責、
甥に対し、本当は僕が親に手紙を渡し忘れていましたと
担任に言うよう強要。

叱責したのは甥に対してです。
先生に余計なこといいやがって恥かいた、と。
親権にこだわるのは、あちらいわく、
男は名を失うと根無し種になって
不幸になるから?らしいです。
意味がわかりません。

これは姉の推測なんですが、
元夫は不倫相手と再婚して
子育てさせるつもりだったんでしょう。
が、不倫相手は子供は姉が連れて
離婚と思っていたんじゃないか、
プラスきっつい舅姑みて逃げ出したんじゃないかと。
とりあえず、ここまでで全部です。
ご静聴感謝。

甥が飛び出して来た日、
もう何年もぶりだったし、甥も事情を話したがらなかったので、
状況もよくわからず、
甥に伝えた上で学校に事情を聞かせて貰いに行ったんです。

そうしたら、要観察家庭認定されていたとか。
例えばお弁当がいる日に明らかに
子供の手でつめた白ご飯とのりだけ持参。
担任が聞くと、お弁当はお父さんが作ってくれたが
おかずは忘れたなど不自然な答え、
連絡帳の記入や手紙の整理はできているのに、
親が見ているとは思えない忘れ物の多さ。

親の姿は見たことがなく、
面談を申し出るも忙しいと断られてできず。
その後同級生親の証言も出てきて、
客観的にこちら有利とわかり、
調停の時点で相手が折れました。

将来こいつ(甥)が不幸になったら
おまえらを一生ゆるさないと言ってたそうですw

追加。
根なし草発言は宗教くさいなと思う。
姉いわく新興宗教ではなくふつうの
仏教宗派だったらしいですが。
今も、父家の墓参りを要求してくるらしいですが
無視しています。
生えている所から無理やり抜いたら根が腐って
生きていけなくなるそうです。
その上で母方のはかまいりをしたら
死んでから魂がさまようらしいです。
全くもって意味不明です。

スポンサーリンク