もう10年以上前、電車で通勤していたんだが、
早朝すごく込み合う路線で、
学生時代は同路線で痴漢にあったこともあった。

職場までは2時間近くかかるので起きるのも早く
大変だったけど、確実に座る為、少し早目に家を出て
3駅程戻って始発に乗るようにしていた。

スポンサーリンク

ある日、始発駅の次の駅で乗ってきた
いかにも柄の悪そうな男が隣に座った。
イヤホンからの音漏れが凄く、
あまりにうるさいので軽く肩をたたき、

「すいません、少し音を下げていただけませんか」

と声を掛けるも無視。
イラっとしつつ何度も頼むが悉く無視され、
元々短気な自分はプッツンと切れた。
男の耳のイヤホンを引っ張って落とし

「すいませんが、音を下げて下さい。音漏れしてうるさいんです」

無論そこですいませんなんぞと
言うような男ではなく言い合い開始。

「ああ?何すんだテメェ!?」
「何度もボリューム下げて下さいって
お願いしているのに無視したのはそっちでしょう!」
「ふざけんなよ!テメエ立てよ!おら来いや!」

切れた男が立ちあがって
私の腕を掴んで引き摺り立たせようとした瞬間

「よっしゃ正当防衛!」

と心の中でガッツポーズしながら男の足に三発くらい蹴り入れた。
そこでタイミング良いのか悪いのか、ちょうど電車が停車。
私は切れてた癖に変なとこ冷静で、
これ以上周囲に迷惑掛けられないと思い
引っ張る男の腕を振り切ろうともがきつつ、
いいですよ出ますよ外で話しましょう!と電車を降りた。

スポンサーリンク

傍から見ると興奮している男が
電車から若い女(私)を引き摺りだしている訳で
すぐ近くにいた駅員が慌てた様子で間に入って私を庇ってくれ、
他の駅員や駅に常駐している交通警察を呼んでくれた。

かなり興奮している男を駅員が取り押さえ、
交通警察の詰め所(でいいのかな?)まで連行。
私はと言うと変な冷静状態続行中で、
まず会社に状況を連絡、急遽休みを貰ってから
駅員さんと警察のオッチャンに詰め所へと連れて行ってもらった。

先に連れていかれた男とは
別の部屋に通されて状況等を質問される。
自分が悪いことをしたとは微塵も思ってなかった私は
事のあらましを淡々と説明。

警察官のおっちゃんたちはとても優しくて

「あーそりゃ君は全然悪くないわ。
あとはこっちで処理すっから帰っていいよ、
一人で大丈夫?」

てな感じであっさり放免。
お礼とお詫びを言って詰め所を出る時も、
奥の部屋で興奮して喚く男の声が途切れ途切れに聞こえてた。
その後、駅を出て近くのドーナツ屋に入ったところで
今更のように震えがきてその場で彼氏(現旦那)に電話、

ちょうど休みだったので慌てて駆けつけてくれた
彼氏の姿を見た瞬間ボロ泣き。
ついでに男に掴まれてた腕と男を蹴った方の膝が
微妙に腫れて痛み出したので病院行ったら軽く捻ってた。
家まで彼氏に送ってもらい、母にあったことを話したら
しこたま叱られ、夜帰ってきた父にも叱られ、
弟には呆れられた。

相手の男がその後どうなったかは知らない。
自分でもあの時の自分は考えなしすぎたと思う。

スポンサーリンク