当時付き合ってた彼が何を思い立ったか、ボクシングジムに通い始めた。
それが嬉しくて仕方なかったらしく、私を前に立たせてパンチを繰り出す。
「オレ素質あるよな〜」なんて言いながら。
一応防御の為、座布団を構えさせられてたが、
調子に乗って繰り出した彼の本気パンチが私の肩に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

痛い。
「痛いから止めて!」と私は言ったが、
謝りもせず「いいじゃんいいじゃん」とまだ続ける彼。
どこに目をつけてんのかパンチが座布団から逸れまくり、
さらに私の腕や肩に当たる。
堪らずに逃げた私に
「タオルは誰も投げてくれないぜ」等とほざきながらさらにパンチ。
思わず座布団を放り投げ、繰り出すパンチを払い、
彼のみぞおちに中断突きをキメてしまった…えづく彼。
「下手クソが女相手に調子乗ってんじゃねえ!
なんなら上段(上段回し蹴り)入れてやってもいいんだ!」
と捨て台詞を吐いて、私は家に帰った。
「女のクセに男にボウリョク振るいやがって!」
とメールが来たが、そのまま放置し関係は消滅。

相手に引かれると思い黙ってたが、私、空手経験者。
今でもよく見れば、拳が骨立ってるよ…
って、武勇伝じゃないかも…スマンです。

スポンサーリンク