1年ほど前の話。
同じ部署の人約20名で、
ある和食レストランの一部屋を貸切にして忘年会をやった。
今思い出しても本当に衝撃的で悲惨な忘年会だったと思う。

その忘年会中に伝言ゲームをやる事になった。
チーム1,チーム2に分かれてそれぞれ列を作った。
そして幹事が先頭の人に耳元でお題を言い、
それをどんどん後ろの人に伝えていく…という感じの伝言ゲーム。

スポンサーリンク

チーム1,チーム2に、幹事はそれぞれ違うお題を伝えた。
因みに俺はチーム2の先頭で、幹事は俺には

『時に及んでまさに勉励すべし、歳月は人を待たず』

と伝えてきた。
皆かなり酔っていたこともあり、
最後まで正確に伝わるはずないだろうなぁとは思ったな。

そして伝言が最後まで伝わりきって、
チーム1の最後尾の人がまず発表したんだが、
長めの文(『兎走りて株に触れ頸を折りて死す』)を言って
正解していたので驚いたわ。

スポンサーリンク

意外と酔っ払っていても大丈夫なもんなんだなと思って、
俺は自分のチームの伝言にも期待してしまった。

そうしたら俺のチームの最後尾の女が物凄く言いにくそうに、

「これ言っていいの…?『この部署のAとBが不倫してます…』」

と言ったw
どうやったらそんな伝わり方をするんだよと思ったわ。
ガヤガヤしていた人たちは一瞬にして静まり返ったし、
俺含め皆凍りついてたな。

AもBも既婚者。
AとB(2人ともチーム1)は一瞬の間の後に
物凄い否定をしており、その場はなんとなく皆ぎこちなく笑って終わった。
誰のイタズラか知らんがとんでもないジョークをやらかす人も居るなアハハ…と。

この時点では衝撃は一旦収まったんだが、
それから1ヵ月後にAとBが2人そろって辞めていったので、
もう言葉が出てこなかった。

2人が辞めた理由を上司に訊いていた人も居たが、上司は

「そんな事いいから自分の仕事をやれ」

と言うだけだった。
なんというか、AとBとあと誰か1人(伝言ゲームで仕掛けた人)は
かなりブッ飛んだ人たちだと思ったわ。

スポンサーリンク