キラキラネーム餅の、キチな母親をもった兄弟の話になります。

私の名前は昔の暴走族の「夜露タヒ苦」レベル。
漢字三文字で57画。
字がおかしいだけでなく読み方も特殊なので
だれもまともに読めない。

おかげで子供のころから何かの受付で
フルネームを書くのがタヒぬほど嫌いだった。

何より、こんな名前を付けた親が嫌い。
私は三人兄弟の真ん中だが、全員キラキラネーム。
私たちは三人とも幼いころからキラキラネームに振り回された。

スポンサーリンク

名乗った瞬間に噴き出される。
軽蔑のまなざしで見られる。
字を見てヒソヒソされる。
そんなことは日常茶飯事だった。

兄は非行に走った挙句、盗んだバイクで事故って他界した。
享年15歳。妹は18歳で病院で亡くなった。

自分たちがつけた名前のせいで三人の子供の人生が滅茶苦茶になっていると
両親は周囲からどれだけ言われても認めようとせず、改名にも応じなかった。
本人たちは時代に見合ったステキな名前をつけたつもり。

母親は元から過ぎるほど干渉してくる人だった。
兄が他界してから磨きがかかり、授業中に携帯を鳴らしてくる始末。
ちゃんと学校に通っているか、授業に出ているか、
確認したいのだろうが私だけでなく一時間ごとに私と担任に連絡をいれ、
返事がないと学校に怒鳴り込んできた。
そんな妻を諌めもせず、父親は「兄を亡くしたばかりで心配なんだよ」
と見当違いのことを言う馬鹿だった。
この人は基本的に世間体を気にする人だが、妻のいきおいに勝てず言いなりになっていた。

母親から逃げたかった私は、猛勉強して大学付属の全寮制の遠方の高校に進学を希望した。
母親は猛反対したが、両親が唯一頭の上がらない
本家のジジババの援護射撃を受けどうにか希望した学校に進学することができた。
名門と呼んで差し支えのない学校だったのでブランド嗜好の強い
ジジババの自尊心をおおいに満足させたんだと思う。
(このジジババは本家至上主義で、本家の○男(跡取り息子)の
嫁にしてやるからありがたく思えが口癖だったので嫌いだった)

三年間、私は一度も実家に戻らなかった。
高校でできた親友に自分の名前がタヒぬほど嫌いで、
こんな名前をつけた親を憎んでいると打ち明けたとき「麻子」ってつけてくれた。
麻子ならだれも笑わないし、おかしな眼で見られることもない。
次第にクラスメイトにもそれが広がって、
だれも私の本名を呼ばなくなった。大人になって
親に縛られなくてよくなったら麻子に改名しようと思った。
相変わらず母親は携帯を鳴らしていたらしいが、
学校の所在地が山の奥の奥の奥にあったので、万年圏外。

当時は今ほど携帯の電波がよくなかったのも私にとってはラッキーだった。

スポンサーリンク

校則、お作法、部活と何かと厳しい学校だったが、
あの両親の姿が見えないだけで何も苦にならなかった。
そのころの私はようやく手に入れた自由に夢中で、
家に残っていた妹のことなんか一度も思い出さなかった。

兄が他界し私は遠方に進学。今考えれば当たり前だが、
母親の過干渉は妹に集中していた。

妹は名前のせいでイジメに遭い不登校になっていたらしい。
呪いみたいな束縛を強いる母親と不登校を恥じだと言う父親がいる家と、
居場所を作れない学校は辛かったと思う。

一度だけ妹は私にSOSの手紙を寄こした。

マジックで一言「助けて」って書いてあったのに、
あの家に関わりたくなくて私は無視してしまい妹は家出した。

私が大学進学した年、妹は精神病院に入院した。
家出していた間の妹がどんな生活をしていたのか正確にはわからない。
クスリに手を出していたため、保護されたときもう頭がおかしくなっていた。

兄に続き妹を喪った母親は半狂乱になり、過干渉の矛先を私に向けてきた。
大学に勝手に退学届を出し、私は中退させられた。

三か月くらい半ば監禁に近い扱いを受けた。
妹の二の舞になりたくなくてタヒぬ気で窓から逃げ出した。
マンションの上のほうの階だったので、同じことは二度とできないと思う。
公衆電話から親友にSOSを出し、
仕事を見つけるまでの間親友の実家に置いてもらった。

勤め先のバーで知り合ったホ/モの人と書類だけの利害結婚をした。
リーマンの夫は妻帯者という肩書きを手にいれ私は戸籍を変え麻子に改名することができた。
やっと名前で笑いものにされずに過ごすことができるようになった。
同時に、バーにはやたらと頭の回るひとたちが集まるので法律やお役所関係に強い人たちに
知恵を貸してもらって両親に自分の居所がばれないように打てるだけ手を打った。

妹の月命日なのでカキコ。
供養にはならないけど、
あの手紙を無視しなきゃよかったって何度も思いました。
高校生だった私に何ができたのかわからないけど、
せめて電話くらいしていればと今でも思います。

妹は骨もほとんど残りませんでした。
人生で初めて焼き場に行ったのは兄の葬儀のときだったけど、

事故タヒした兄とクスリに手を出した妹のお骨は兄弟でも全然違うものでした。

あの親がどうやって私を退学させたのか、方法はよくわかりません。

妹が亡くなったことで私自身後悔で身の置き場がない状態でしたので、
気が付いたら退学になっていたというほうが正しいです。
もしかしたら、本人が強硬に退学に反対していれば
撤回させることができたのかもしれませんが、どのみち学費を払っているのは
親なので結果は変わらなかったと思います。

利害結婚をした身ですが、今は平穏に過ごせています。
病院や何かの申し込みのたびに委縮することも、
名前に対するコンプレックスのせいで相手の言動に過剰に反応することもなく、
毎日平和です。

スポンサーリンク