彼のアパートに3年は経過しているお米が放置されていた。彼「もったいない」私が捨てた結果

学生時代付き合ってた男と、
社会人になっても遠距離で付き合い続けてた。

社会人になってからは主に
私が彼氏のアパートに月一くらいで
会いに行って、ついでに家事をやっていた。

スポンサーリンク

ある日、物置にしてる空き部屋から、
密閉容器に入った米が2~3キロくらい出てきた。
何でも学生時代に友人から貰った米だとー。
3年は経ってた。
でも学生時代に彼氏が住んでた部屋は下宿で、
昼以外のご飯は出る。
つか、下宿の部屋で炊飯ジャーとか
見たことなかった。

彼氏に聞くと、
「米は棄てるの勿体無いから」
という理由で持ってきた、と。
貰って一回も食べてなかったらしい。

なら少しでも美味しく、と、
ちょっと水多くして油1~2滴入れて炊いてみた。
匂いはやっぱり古く感じたけど、
まあまあ食べられるご飯になった。
でも、彼氏は
「あの古い米だろ、美味いわけない」
と食べない。

スポンサーリンク

やり方を変えて、おじや、ピラフ、
と作り方を変えても同じ理由をつけて食べない。
なら棄てたら?って聞いても、
勿体無いだろー。しか言わない。

イラっとしたので、
彼氏がタバコ買いに行ってる間に、
ゴミ袋に米を入れた。
そのまま隠すように他のゴミも突っ込んだ。
密閉容器は洗って、
きっちり拭いて元のところに。

ゴミ袋は私が帰るときに
アパートのゴミ集積所
(曜日関係なく置けた)に置いてきた。

数日後「なぜあの米を片付けたのか」
とお叱りメールが。
貴方食べないじゃん、と返しても、
「友達の好意を無にした」とか、
「米を棄てるとかありえない、信じられない」
などなど。

私だって米を棄てるのに抵抗はある。
でも1番あの米を無駄にしたのは貴方じゃねぇか、
と思うとスーッと冷めていった。

その数ヶ月後、別な理由で
私が振られる形で別れることに。
悲しくも何ともなかった。

何の因果か私はその後、米農家に嫁いだ。
アラフォーおばさん、今年も稲刈り頑張るよ。
みんなも美味しいうちに食べてあげてね。

スポンサーリンク