母「お父さんと別れて 東京に行くけどあんたはどうする?」

父と離婚後、東京で暮らしている母が、
私に東京の高校入学と自分との同居を進めてきます。

母は父と離婚して東京で開業し、
相当利益を上げているようです。

離婚の原因は母が資格取得と仕事に夢中になって、
家事を疎かにしたこと。
同居していた祖母と不仲だったことです。

母が働き出してから夫婦間、
嫁姑間の喧嘩が絶えなくなり、
私が小学校3年生のある日いつになく激怒した父が
「主婦を辞めたいなら出ていけ!」
と啖呵を切り、母があっさり「わかった」と了承。

スポンサーリンク

ものの30分で荷物をまとめ、私に
「お母さん、お父さんと別れて
東京に行くけどあんたはどうする?」
と聞いてきました。

私は「いかない」と答えていました。
父にも祖母にも非はあったけど子供心にも
母があまりに身勝手に思えたからです。

田舎にはもったいない、
美人で聡明な母が大好きだったのに、
その時私は母に嫌悪感を抱いていました。

父は1年後に伯父の紹介で再婚しました。
その直前に祖母が癌で余命宣告を受けていたので、
祖母を安心させるための再婚でもあったと思います。

継母は初婚でしたが父より年上の女性で、
体重は母の2倍くらいありました
(伯父曰く「前の奴と正反対のタイプを選んだ」。

祖母はしぬ前、病院のベッドで
「○○の優しいお母さんになってあげてください、
お願いします」と継母に、
私には「○○ちゃん、お母さんと仲良くするんだよ。」
と泣きながら頼んでいました。

怖くて口うるさい祖母だったけど、
しぬ前日まで亡き祖父の写真に手を合わせて
「○○の守護霊になれますように」
「父ちゃん、あんたも○○を守るんだよ」
と祈っていたと看護師が教えてくれた。

祖母の葬式に母は香典もって出席したそうですが
伯父が追い返したそうです。
今思うと伯父は毒(?)だったのかも知れません。
私には面白い話をして笑わせてくれる
優しいおっちゃんですけど。

継母は家事が得意で明るく純朴な性格で、
仕事も弁当屋のパートくらいです。

実母からは養育費と称して
毎月かなりの金額が振り込まれているようですが
両親は私の講座に積み立ててくれています。

スポンサーリンク

祖母がしんでからさらに1年後に
実母の「涙のお願い」が効いたのか
父は私と母の面会を許しました。
といっても直接の対面は地元で、
夏と冬の1年に2回だけですけどね。

私は岡山在住で母も多忙だし。
電話は月に1度だけ、
父が家電から母の電話にかけることが条件です。

元々美人だった母は東京に行って成功して
更に綺麗になっていました。

二人で駅中の百貨店をぶらぶらして、
喫茶店で互いの近況報告をする程度ですが
母の東京の話はとても面白く魅力的でした。

会うたびに高額のプレゼントや小遣いを
くれましたが断ってました。
ブランドものに興味がないし小遣いも足りてましたから。

私が中3になった今年の春、母が電話で
「高校、東京で進学しない?一緒に生活しましょうよ。
大学もここから通いなさいよ。
お金ならいくらでも出してあげるから」
と言ってきました。

何を今更、と思いました。
東京には魅かれますが、
継母と父を裏切る気はありません。

まぁ、高校卒業後は東京に
就職OR進学するかも知れないので、
その時には下宿させてもらうかも・・・家賃が浮くので。

自分の意志で離婚して、親権も父に譲っておいて、
なさぬ仲の子を愛情込めて育ててくれた継母と
同格だと思ってるのか、はたまた母にとって
娘は軽い存在なのか、母の神経がわかりません。

資産はある母なのでいざという時
甘えさせてもらおうと思ってます。
私だけじゃなく、実父や継母が困った時にもね。

でも「ついていかない」と答えた時に
母は凄く冷めた表情で「ふーん、じゃあね」
と身を引いてたんですよね。

あの時の冷めた表情が何か母の本質のような気がして
私の気持ちも冷めてしまったんです。

親権も凄く冷めた口調で「いらない」だったそうで・・・。
小学校でいじめに遭っていた時も
きづいてくれませんでしたし

徹底的に報復する
(いじめっ子の親だけでなく担任にも処分を求める)
母の性格を知っていたので私も相談できませんでした。

私は母と絶縁する気はないし、
今後も交流は続けていく気ですが
それは「母親」としてではなく
「うんと年上の友達兼相談相手」
としてだと思います。

スポンサーリンク