義弟が妻子を残して急死。旦那「若くてカワイイ義弟嫁と結婚したい」

義弟が妻子を残して急死した。
甥は2歳の可愛い盛り。

うちは小梨なので、
トメは孫に会えなくなることを怖れて
義弟嫁さんに泣いてしがみつき、
二世帯住宅を建てて一緒に暮らそうと誘った。

義弟嫁さんは頼る実家がなく、
仕事も探さねばならないためトメの申し出に乗り、
二世帯同居をOKした。 と、ここまではよかった。

昨年の春、うちの夫の転勤で
義実家近くに引っ越してからトメが壊れた。

私は子供を授かるために治療中で、
体の負担その他を考えて専業主婦になってるのに
引っ越してからトメが勝手に
仕事を探してくるようになった。

今は働けませんと断っても、
義弟嫁ちゃんは小さい子を抱えて働いてるのに!と
怒ってまた別の仕事を見つけてくる。

「どうせ暇なんだし全然妊娠しないんだから、
あんたが働いて
義弟嫁ちゃんたちの分の生活費を稼ぎなさい、
そうすれば可愛い孫ちゃんは
ママとすごせるのに可哀想に」と
めちゃくちゃなことを言い始め

そのうち
「子供もいない仕事もしないなんて
アンタ何のためにいるの?」
「アンタが出て行って、
息子ちゃんと義弟嫁ちゃんが結婚すれば
完璧な家族ができるのに。
自分が邪魔者だっていい加減に気づきなさい」
と暴言を吐くようになった。

夫がかばってくれていたから我慢できたんだけど、
少し前にトメ家に行ったとき夫がトメに
「俺もあいつ(私)と別れて、
若くて可愛い義弟嫁と再婚したいよ」
と言っているのを聞いてしまった。
私が戻ったら、何事もなかったみたいに
違う話を始めたけど。

全然なにもなかったように接してくる夫が、
別の生き物みたいに思えて怖かった。
トメと話を合わせてただけなんだと信じたかったけど、
さっき棚を整理してたら
離婚の本が隠されてるのを見つけてしまった。

もうダメ。耐えられない。
今晩、夫と腹を割って話し合いするつもり。

スポンサーリンク

話し合ったら、少なくとも夫の本心がわかるかな、と…。

義弟嫁さんは夫には興味ないと思う。
義弟はかなりのイケメンで
背も高くてもてるタイプだったけど、
夫はチビデブだし、年齢差もあるし。

トメの計画は義弟嫁さんに
それとなく話したことがあるけど、
それだけはありえないから
心配しないでくださいと言われたし。

でも夫がその気なら、私はもう出て行くつもり。
出て行った後は、
義弟嫁さんとくっつこうが何しようがどうでもいい…。

義弟嫁さんはトメとの生活自体は気に入ってるみたいです。
完全二世帯になっているのと、
光熱費なんかはトメが負担してるらしいので
ラクチンだから早く同居すればよかったと
言ってるくらいなので。

あー、ますます私だけ出て行けば
丸く収まるんだって気がしてきた。
離婚の本を見つけたときはショックで動悸がしてたけど、
だんだんどうでもよくなってきた。

これから離婚届け貰ってこようかな、
皆離婚を勧めてくれてるし。

あのあと本気で離婚届けを取りに行き、
まあ念のためにと古いラジカセで
(ICレコーダーとか気のきいたものはウチになかったので)
録音の練習などをやったり、
実家の親にもしかしたら帰るかもなどと話したり、
夫への「私は悩んでるんだぞ」アピールの意味も兼ね
簡単に身の回りのものを荷造りなどしていました。

でも本心ではやっぱり、
夫が「あれは話をあわせただけ」と言ってくれて、
離婚の本も何かほかに理由があって持っていただけと
言ってくれるのを望んでいたんですよね。
馬鹿ですけど。

治療してでも子供を授かりたいと思った相手だから、
信じたかった。

夜になって夫が帰ってきて、私の荷物を見てまずビックリ。
私が、夫の離婚の本と離婚届けを並べて座っているのを見て
またビックリしていたので、
一気に畳みかけようと前に座らせ、
あなたがトメに言ってたことを聞いてしまった、
この本も見つけた、
本気で私と別れて義弟嫁さんと結婚する気なら、
ちゃんと話し合いましょうと言いました。

夫の返事は「わかった」とアッサリしたものでした。

「はっきり言いにくくて誤魔化してきたけど、
弟のためにも義弟嫁さんと夫婦になって
甥の父親になってやりたい。
お袋に勧められたのは確かだけど、
自分自身が子供を持ち父親になってみたい気持ちが大きい。

若くてきれいな義弟嫁さんに惹かれていたことも否定しない、
でも第一に、授からない原因が自分にあるから、
君を自由にしてあげたい気持ちがある。
君もこうして覚悟を決めてくれているようだし、離婚しよう」

少しはしょりましたが、
夫の話をまとめるとそういうことでした。

ショックでした。
スレに書き込んだときは自暴自棄気味でしたが、
やっぱり夫のことを
信じたかったんだって今更ながら思います。

荷物をまとめたり色々していた手前、
私も「すんなり決まってよかった」
「実家に帰って、前職の経験を活かせる仕事につくつもり」
とか。 動揺しているのに、口だけ勝手に動いてました。

夫はにこにこしてて。最悪。

一応、再出発に時間もお金もかかるのだからということで、
貯金は八割がた私がもらうことになりましたが…。

夫は今夜、義実家に直帰して
三人で今後のことを話してくるそうです。
義弟嫁さんの意見はまだ全然聞いてないそうですが、
夫はふられることなんか全然考えもしていないみたい。

夫が話してしまったら
きっとトメが勝ち誇って荷物を取りに来るだろうから、
トメに会わないですむよう
今日中に帰らせてと実家に連絡したら、
すごい勢いで両親が電話してきて、
今かなり混乱してます。

一応、あと30分もすればこちらに着くみたいです。
かなり怒ってるけど。

話し合いから離婚までって
こんなに早いものだとは思ってもみなかった。
友達は離婚まで半年もかかったのに。

なんかまとまりのない文ですみません。
まだかなり混乱してるんです。
離婚するんだと頭では理解してるけど、
気持ちが全然ついていかなくて。

お金の確保はもう済んでます、というか、
以前から私名義の口座を貯蓄用にしていたので、
夫の取り分を私が送金するだけなのです。

夫がロミオってきたら…とても受け付けられませんね。
義弟嫁さんとの未来を浮かれた顔つきで私に語っておきながら、
帰ってくるなんて本人だって恥ずかしくて
できないんじゃないかと思うんですが、甘いでしょうか。

両親が到着し、
今まで質問攻めに遭いつつ荷物を積みこんでいました。
今ひと休み中ですが、あと少ししたら出発します。

義弟嫁さんに、離婚すること、
夫が本気で義弟嫁さんとの再婚を望んでいることなどを
メールで送ったところ、電話がかかってきて
もし可能なら詳しい話を聞きたいとのことなので、
実家に帰る途中で義弟嫁さんの職場に寄って
テープを渡して帰るつもりです
(一応ダビングはしてあります)。

義弟嫁さん的には
「信じられない」「考えられない」「絶対に嫌」だそうです。

かなりうろたえた様子で、少し涙声っぽい感じで
離婚をとどまる気はないか聞かれましたが
両親がもう偽実家とはかかわるなと怒っているし、
私もどうしたらいいやら…。

実家に帰るはずでしたが、
義弟嫁さんとの話を聞いた両親が私に怒って
一晩家に留まり
話し合いに同席してこいと言われました…。

義弟嫁さんにテープを渡しに行ったら
「急にこんな話になって困る、
私(義弟嫁さん)にはお義姉さん(私)と違って
逃げ場がないのに置いていかないで」
とぼろぼろ泣かれてしまい、
それを見た私の両親が
「そんな状況だとは聞いてないぞ」と。

私の説明不足のせいで、両親は義弟嫁さんも
夫との再婚に乗り気だと思っていたようで
話をはしょりすぎだ、
何でも勝手にものごとを進めるから
こんなことになるとこっぴどく叱られました。

両親は荷物を置きに実家に帰りましたが、
あとで母だけ来てくれるようです。

義弟嫁さんはいつも楽天的で冷静に見えて、
あんなにうろたえた様子は初めてです。
なんか私に遠慮して、というか
疑われたくなくて言わなかっただけで、
夫にタッチされたりとか
急に家に上がりこまれたりが
これまでもあったらしくて…。
言ってくれたらよかったのに…。

今夜、多分夫はいつもどおりなら
八時には偽実家に帰りつくはずなので、
私が何の役に立つか疑問ですが
一応責任をとって行ってきます。

義弟嫁さんが仕事帰りにうちに寄るそうなので
(甥はいつもトメがみています)
今待っているところです。

レコーダーは義弟が仕事で使っていた
形見(?)があるらしいので、
義弟嫁さんが用意するようです。
私のラジカセはもう実家に持って行ってもらったので…。

あと確かに私じゃ冷静さを欠くし、
母にも同席を頼んでみます。

父は荷物の積み下ろしのために家に残り、
私は車がないので母だけ来て
一緒に乗って帰る予定でした。
父にも来てもらえないか聞いてみます。

話し合いは長かったので、
義弟嫁さんが録音してくれたものを聞きなおしながら
主要なところと印象に残った部分をつないで書いています。
文章が苦手なので伝わりにくいかもしれませんが、
ご容赦ください。

まずあれから、私のところに義弟嫁さんが来て、
義弟嫁さんの置かれている状況を話してくれました。

義弟は保険に未加入だったため保険金は無く、
義弟が独身時代に作った借金を
返し終わったばかりだったので
もともと貯金もあまり無く、
さらに葬儀その他でそのわずかな貯金も
ほとんど使ってしまったこと、
今もまだ働き始めたばかりで引越し資金もない
(口座に20万程度しかないらしい)こと。

春になれば甥が幼稚園に入れるので、
トメに頼らなくても延長保育を使えば
母子家庭でなんとかやっていけそうだということ。

つまり、引越し資金と、幼稚園がはじまるまでの間の
甥の預け先さえ決まればなんとか逃げることは
できるかもしれないということでした。

実は、私達が引っ越してきてから、
出て行くことを何度も考えていたらしいのです。

はじめは、せっかくの広い二世帯だから
他人の自分が出て行き、長男夫婦と
いずれ生まれるであろう子供達が暮らすのが
スジではないか、くらいの思いだったのが
夫が妙な行動をしだしてからは
生理的嫌悪感から引越しを考えるようになった、と。

それから私の両親が到着し、上記の話をまとめて伝えると、
もともと私が夫の様子に気をつけていれば防げたことだし、
今度の急展開も私に責任があるのだから、
義弟嫁さんに負担がかからないよう計るのがスジであり、
必要があるならお金を貸すなり子供を預かるなり、
私が手を貸すべきだと言われました。

父の意見では、夫もいくらなんでも
急に義弟嫁さんに結婚を迫ることはしないだろうし
離婚届けを記入済みとはいえまだ提出していない以上、
私との縁が切れておらず
妙な行動に出れば夫が不利になるのだから、
適当に都合をでっちあげて
四月まで別居のまま離婚を引き伸ばし、
義弟嫁さんの身の振り方が決まってから
届けを出すのがよいのではということでした。

すでに義弟嫁さんにセクハラしている
前科のある夫なので不安だと言ったのですが
子供がいる以上は急な引越しも難しいし、
無理に連れ出そうとして夫やトメが
義弟嫁の持ち物を押さえて強硬手段に出ても困るから、
義弟嫁さんの脱出は直前まで伏せて、
とりあえず牽制しながら
少しずつことを進めたほうが得策だと説得され、
父の意見にそって話し合いをすることになりました。

スポンサーリンク

といっても向こうは
義弟嫁さんと夫の再婚話をする気マンマンなので、
私が離婚引き伸ばしを言い出した時点で
荒れるのはわかりきったことでしたが。

八時前にまず義弟嫁さんが家に戻り、
万一のため一泊程度の荷物をまとめてから
全員揃って偽実家に行きました。

ドアを開けたらすぐ、満面に笑みをたたえた夫が
甥を肩車して出てきました。
義弟嫁さんを出迎えるつもりだったのに
私達がついてきていたので驚いたようで、
一瞬で顔が凍りつきました。

トメもにこにこ顔で出てきましたが、
私達に気づいて固まっていました。
両親が進み出て挨拶すると、
トメも夫も不快そうに「何でしょうか」と…。

情けないことですが、その様子を見て胃が痛くなり、
何も言えなくなりました。
父がかわりに、離婚について
まだ少々話し合いすべきことがあるので来たと
言ってくれました。

居間に入ると、トメが作ったらしいごちそうが
四人分並んでいました。
鶏の脚とか、クリスマスみたいな料理が並んでいて、
明らかにお祝いのイメージ。

甥っ子が義弟嫁さんの手をとって、
今日クリスマスだねえ、サンタさん来る?と
嬉しそうに言うのを聞いて、
ますます胃が痛くなりました。

肝心の話し合いですが、
まず父が、こんな急な離婚には賛成できないこと、
弟の見合い話が進んでいるので(嘘ですが)
世間体のためにしばらくの間は別居の形をとり、
離婚は四月すぎてからにしてほしいと言いました。

トメは平然として
「姑として至らないところがあって
このようなことになり申し訳なく思います」
とか言っていました。

母が
「万一とは思いますが、離婚成立までは夫婦ですから
再婚相手を探すとか
そういうことも待っていただけますね」
とクギをさしたところ、トメは笑って
そういうことはありませんと言ったんですが、
夫が

「そういうことに口出しされるいわれはありません、
離婚は私達夫婦が決めたことで
すでに届けも書いてあります、
僕はすでに再婚の予定も決まっていますし
息子がもうじき入園なので、それまでに
家庭としての形を作っておかないといけないんです、
そちらの世間体にまで構っている余裕はありません」
と…。

夫と甥以外の全員が固まりました。

トメが口をパクパクさせて
「ダメでしょそんな話…」と止め、
義弟嫁さんは
「私のことですか?知りませんよ?知りませんよ?」
とパニクって、
両親は怒り、私は何を言っていいかわからず…。

とりあえず
「夫さんは義弟嫁さんの了解も得てないんでしょ、
ねえ義弟嫁さん?」と振ったところ、
義弟嫁さんはぶんぶん頭を上下に振って、
私は知りません、
お義兄さんと結婚なんて考えられません、と。

ところが夫は
「僕の気持ちはわかっていたはずだよ」
「○郎(甥)のことを考えても
僕たちが結婚するのがベストだってわかるだろ?」
と言うばかりで話になりません。

甥が料理を食べたがるのでトメと私の母が離脱し、
四人で話し合いをしたんですが

父と私が
「義弟嫁さんは嫌だと言っているよ、
再婚はないよ、理解しなさい」と言い、
夫が
「再婚するのがベスト、拒否する意味がわからない」
と言い、
義弟嫁さんが
「私は再婚なんてしません
(私達にすがるような目を向ける)」
のループで進まず。

ほんとにずっと同じ話のループでした、
いくら言っても通じないんです。

夫はまるでキ○ガイでした。
ちょっと前まで普通に夫婦として暮らしていて
信頼もしていた人と同一人物とは思えませんでした。

最終的に父がしびれを切らし、
とにかく離婚届けはこちらにあるのだから
四月までは何があっても提出しない、
万一義弟嫁さんに無理に迫るようなら
正妻として慰謝料を請求する、下手をすると裁判沙汰だ、
あんたはこちらの意見をのむ以外道はないんだと
宣言しました。

夫は納得がいかない様子でしたが、
裁判と聞いてさすがに怯んだようです。
じゃあいいよ、四月までは待つけど、
それ以降は僕たちの自由にさせてもらいますと
怒ったように吐き捨てて、出て行ってしまいました。

トメは
「まあちょっと気が早かったわよね、
急に言われても困るわよね」と
同情したふうを装って
義弟嫁さんに擦り寄っていましたが、
私のことはものすごい目で睨みつけて、怖かったです。

夫もいなくなってしまったし、
とりあえず話はまとまったので帰ることにしましたが
帰り際に義弟嫁さんに、
今日のことで本格的に恐怖を感じたので
もしよければ脱出のために
手を貸してもらえないかと聞かれました。

両親も、夫はおかしい、
引越しをするなら同時に転職もして
別のところで生活をはじめないと
付きまといにあうのではないかとの意見です。

とりあえず義弟嫁さんには
いつでも脱出できるよう荷物をまとめておいてもらい、
早急にどこか子供がいても
住み込みで働けるところを探そうと決まりました。
父にそのようなところの心当たりがあるそうなので、
今当たってくれています。

私自身も、義弟嫁さんがいなくなったら
何がおこるかわかりませんので、同時進行で
どこか遠方で就職先を探すことにしました。

本当は義弟嫁さんも昨日うちに来たかったようですが、
甥がトメの家で寝てしまったこと、
荷物の運び出しにも計画が必要なこと、
父が裁判を持ち出して脅しているので
夫も早まった行動はしないだろう(希望的観測ですが)
とのことで、留まって準備を整えてから
行動をうつすことになりました。

今はなんだか頭がスカスカになった気分で、
考えも気持ちもまとまらず
書いているうちに少しはましになるかと思って
パソコンの前に座りましたが、
余計に混乱してきています。

今後のこととか、
今までの夫婦生活が何だったのかとか
ぐるぐる回っている状態です。

こんな状態で報告してしまってすみません、
他のかたたちのように
スッキリ決着をつけて報告をしたかったのですが、
私には強さも賢さも経験も何もかも足りないみたいです。
本当にごめんなさい。

引き取ること自体は可能ですが、
そうすると夫やトメが強硬姿勢になり
引越しを妨害するなどの工作に出られると困るので、
戸締りを厳重にして
少しずつ荷物の処分や運び出しをすすめようかと
話しています。

今思いつきましたが、
私が義弟嫁さんの家に泊まればいいかもしれません。

父を同席させるべきだと勧めて下さったかたがたに
お礼を言わせてください、ありがとうございました。
私だけだったら全然役に立たないところでした。

まさか夫があんなにバカになるとは
想像もしていませんでしたから。

私との離婚が成立していないので、
まだ大丈夫とは思いますが一応メールしておきます。
ただ、姻族関係終了届けは
脱出時に出しに行くつもりのようです。

義弟嫁さんはご両親を亡くして高卒で働き、
すぐに義弟と結婚したのでまだ二十代前半なんです。
結婚と同時に生まれ育った場所を離れ、
相談できる人もいない中で暮らしていたので、
少々常識どおりのことが
できていなくても仕方ないかなと…。

むしろ三十にもなってだらしない私がDQNです。

結論から書きますと、
義弟嫁さんと夫(元ですが)は再婚しました。

母によると、今は二世帯住宅の壁を取り払い、
まるでずっと本当の夫婦、
家族だったかのように仲良く暮らしているそうです。

最後の書き込みの後、悩んだものの
義弟嫁さんの家に泊まることはやめました。
翌日、何もなかったかどうか連絡したところ、
義弟嫁さんはどういうわけか妙に元気な様子で

「やっぱり他人の義姉さんに
迷惑をかけるのは悪いと思うから、
遠縁を頼ることにした。
そちらは離婚して今後のことを考えないといけないし
忙しいはずだから、お互い別々に
自分の問題を片付けることにしましょう」
と言われ、

頼れる人はいないって言ってたはずなのに
おかしいと思い問い質したけれど
「頼りやすいお義姉さんに頼ろうと思って、
他の人はいないと言っただけ。
大丈夫だからこれ以上口出しはしないで」
と言われ、
その言い方がまるで私や私の父のしたことが
迷惑だったといわんばかりだったので
少しばかり口論になり、一方的に電話を切られました。

私も腹が立ったので丸一日連絡をとらずにいたのですが、
やはり気になって連絡したら
「お客様のご希望によりお繋ぎできません」のアナウンスが。

調べてみてそれが着信拒否だと知り、混乱しつつも、
もしかして夫がなにかしたのかと思い
直接義弟嫁さんの家に行ったところ、
ひどく迷惑そうに対応され

「出て行くのはやっぱり子供のためを考えてもよくないし、
父親もいたほうが子供のためだし、
トメにも恩があるからとどまることにした。
あなたの夫と結婚するので早く離婚届を出してください」
と言われました。

突然のことに全く展開がわからず、
その場で質問攻めにしたのですが、
義弟嫁さんは「気が変わっただけ」としか答えてくれず、
私がしつこく食い下がると
「母子家庭は大変なの。いくらお金があっても足りないの!
お金が入るなら、キモくて愛情もなにもない
オッサンとだって結婚できるんだよ!
母親になってみればわかるよ!」と怒鳴られ、
玄関から突き飛ばされて強引に扉を閉められました。

お金が入る、の意味が
そのときはわからなかったんですが、今はわかります。
私が引越しする前にあの一家の家の前を通りかかった時、
見知らぬおじいさんが一人、庭にいるのを見ました。

母がツテで探りをいれたところ、
どうやらそのおじいさんは元トメの親戚で身寄りが無く、
元夫が養子縁組をして一緒に暮らす代わりに
財産をもらうことになっているらしいのです。

おそらくですが、
あんなに早く義弟嫁さんが心変わりした様子からして、
義弟嫁さんが出て行きたがったのでことを早めただけで、
そのおじいさんとの養子縁組は
かなり前から予定されていたことなのではないか、
というか私を追い出して元夫と義弟嫁さんをくっつけること、
遺産を手にして安泰な生活をすることは、
元トメがずっと前から計画していたことなのではないかと…。

私は、義弟嫁さんの心変わりに
かなり納得いかないものがあったものの、
父が義弟嫁さんのことでかなり腹を立てて、
もうあの一家とは早く縁を切ろう、
全員気持ち悪い奴らだから
関わるのをよそうと言ったのもあり、

私自身ストレスが かなり溜まっていたらしく
胃を悪くして病院に行ったところ、
心労の元から離れて静かに過ごすべきだと
アドバイスを受けたのもあり、
あの人たちのことは忘れて別の土地でやり直そうと決め、
離婚届を出しました。

元夫と義弟嫁さんからは、
実家に「結婚しました」ハガキが届いた以外、
一切連絡はありません。

義弟嫁さんが元夫とくっついた以上、
私がどこにいようと累が及ぶことはないと思いましたが、
近くにいるのは嫌だったので今は遠方で暮らしています。

慰謝料としては何ももらっていません。
ただ、離婚届を出した後に
元夫にそのことを連絡したところ、
夫の分のお金は「手切れ金」としてとっておいてほしい、
送金しなくてもいいと言われたので私がもらっています。

お金が入るアテがあったから、
余裕で財産を放棄できたんでしょうね。

スポンサーリンク