震災があった頃、社長が抜き打ちで避難訓練をした結果、社員の本性が分かった

東日本大震災があった頃、
震災に全く関係なかったうちの地域でも
防災に対する意識が高まって、
勤めてた会社の社長の思いつきで
いきなり抜き打ちの避難訓練が行われた。

予告なく非常ベルを鳴らして発煙筒を焚いて、
非常事態に馴れさせるというかそんな感じの目的で。

スポンサーリンク

でも社長以外それを知らない
&何のフォロー体制も作らないまま
仮非常事態を作りだしたものだから、
現場は物凄いカオスに。

・ベルが鳴った瞬間、
 変わり者Aが反射的に立ち上がって
 一人だけ全力ダッシュで避難

・他の社員が事態を掴めないでいると
 煙が立ち込めてきて一同大混乱、
 Aに遅れて出口に殺到

・スポーツマンのイケメン係長Bが
 みんなを押しのけて避難しようとして怪我二名

・女子社員一同から嫌われてたお局Cが その二名を介抱

・職人系の社員数人が
 混乱と焦りのあまりどつきあいを始める

・職人系係長D、どつき合う彼らを叩いて黙らせ避難誘導

・誘導に従って全員避難、
 CとDは怪我人を連れて一番最後に出てくる

・出て見たらAがそこの自販機で
 人数分の飲み物を自腹で用意してた

・Bは飲み物を飲みながら何もしないでへたりこんでた

・しばらくして外回りと言って出てた社長が登場、
 笑いながらネタばらし

スポンサーリンク

・Aの全力ストレートが社長にヒット、
 続くようにDと職人一同が社長に猛攻撃

・泣きながら止めるCと女子社員数名。
 茫然と見てるだけのBとその他一同

そしてその後の展開。

・マイペースな変人扱いだったAは
 「自分勝手だけど対応は素早い」
 「一応程度には気遣いができる」と評価が微増、
 社長に手をあげたおかげか職人に好かれるように

・社内一番人気だったBは醜態をさらして居場所がなくなり、
 しばらくして退職

・評価が「口やかましい更年期ババア」だったCは
 「物凄く厳しいけどやる時はやる根は優しい人」
 と評価逆転、そのおかげか若干下への接し方が丸くなった

・元々喧嘩早いおっさんで
 面倒見がよかったDの評価はさほど変わらず。
 でも叩かれたのを根に持った職人がひとりやめた

・社長、A・D・職人を訴えようとするも
 混乱の元凶だったため
 味方が誰もいないことを知って意気消沈、
 同業他社に勤めてた長男を呼び戻して引退

実質20分の避難訓練であそこまで混乱が起こって、
それが原因でここまで人間関係が変化するのかって
凄い衝撃的だった。

ちなみに会社は、若社長になった長男が
ボンクラっぷりを発揮し続けて経営を傾け、
詐欺にかかって借金背負ったのがとどめになって潰れた。
それもそれで衝撃だった。

スポンサーリンク