自宅で意識不明の重傷者が2人も出たらしい。 嫁と顔見知りの嫁友旦那でなぜか2人は裸だった。

ある日の昼間、会社の食堂で昼食頂いていたら
警察から連絡が来た
なんでも俺自宅で意識不明の重傷者が2人も出たらしい
急いで自宅に戻ると警察が現場検証していた
強盗か?と思ったがそうでもなかった
家具を敷き詰めた狭いリビングのソファーにいた2人が
倒れてきた棚の下敷きになり、
ガラスが割れて体中に刺さったとの事
見たまんま事故なんだが一応警察としては
事件性も見て捜査しているとの事

俺もアリバイ等聞かれたよ。
まあ、事件に関係ないとして何もなかったが
警察「お気の毒としか言いようがありません・・・
今は考えることも辛いでしょうがお気をたしかに・・・」
と俺に同情的だったのが印象に残る

スポンサーリンク

病院に搬送されたのは俺の嫁と顔見知りの嫁友旦那
なぜか2人は裸だった。服もそこらへんに脱ぎ捨てられていた

2人大手術の後4日ほど過ぎて
嫁は意識回復したが喉にも損傷があってしゃべれない状態
靭帯も切って右腕は動かなくなっているし
顔も胸も縫い傷が目立つ状態
更に翌日には男はたかーい、たかーいした

俺は弁護士連れて病院に見舞いに行った
警察の報告で状況を察したのだろう、
病院で義両親が俺に謝罪してきた。

義父「既に娘には天罰が下っております!どうかご慈悲を・・・」
義母「娘はあなたを裏切ってました
が娘にはもうあなたしかおりません。」

何なんでしょうねこの生き物たちは。
よくそんなこと言えたもんです

スポンサーリンク

俺「天罰下りましたがそれは俺が下したわけではありません。
だから次に俺が下す番です」

そう言うと義両親は鬼だの悪魔だの鬼畜だの私を罵り出しました
弁護士は冷静にこの会話を録音していた。それを踏まえて

弁護士「今の発言は名誉毀損に相応しますので提訴も視野に入れます」
この一言で義両親は黙った。ただ恨めしそうな目で俺を睨むのはやめなかった

最後に嫁に会ったら動けない体で目だけ俺を見て
何か言いたげで僅かに口を開閉していた
とりあえず嫁の枕元に見舞金10万置いて
「退院できたらすぐに調停になるから、今はゆっくり休んでね」
と言って病院を去った
帰り際義母が「娘が可哀想・・・」とブツブツ呟いていたのにはドン引きしたね

帰宅して興信所で集めた不貞行為の証拠を元に再度弁護士と話し合いして
慰謝料の金額を決めた
嫁に財産分与は使い込みと相殺。慰謝料200万
故・間男に慰謝料300万を間嫁に請求(高額の生命保険料が入るらしい)
応じなければ裁判に行く覚悟。妥協はしない

その1年後裁判起こして嫁から250万。
(使い込み170万含む)義両親立替で一括支払い
間男サイドは素直に示談に応じてくれて300万頂いた
間嫁は嫁に慰謝料請求なし

その後嫁は1年以上リハビリ受けて
借金返済のため社会復帰したがまともな給料はもらっていない
結局傷も残ったし声も出ないし
右腕も動かないので苦労するだろうな。同情はしないけどね

しかし棚が倒れてくるなんて本当についてない奴らだ
耐震用固定金具を付けていたのにネジが緩んでいたんだからね
一体なんで緩んだのでしょうね?w

全ては俺にしかわからないことですが

スポンサーリンク