子供を産んでそのまま乳児院に捨てた

子供を産んでそのまま乳児院に捨てた

東京の大学に受かって
お上りさん丸出しでウロウロしてたら、
たくさんの人に声掛けられて
来るもの拒まずでいたら授かってしまった
誰の子かわからないし、相手の顔も覚えてない

つわりとかなく
見た目的にお腹もちょっと太ったね。程度だったから
周りは誰も気がつかなかった

ちょうど自然なお産みたいなブームが来ていたので、
そのまま育ったら1人でこっそり産もうと本を読み漁った
同時に隣県の乳児院を調べた
産まれたら直ぐに置きに行くつもりで

スポンサーリンク

1月の雪の降る日に風呂場で産んだ
産湯で清めへその緒を処理して、
後産の処理して初めてのミルクあげてたら、
その日は寝てしまった

フリマで買った服を着込ませて
スリングにホッカイロを入れて
電車とバスを乗り継いで乳児院まで歩いた

黙っておいて来ようと思ったが、
外は雪が積もっていたのでピンポンして
「この子をお願いします」とだけ言って去った

追いかけてくるかと思って全速力で走ったけど
追っ手の気配は無かった

スポンサーリンク

大学は1年次の般教をかなり落としていたが、
2年の専門と並行して受けられたので
無事資格を取得して卒業出来た

資格した取得が児童心理士。
馬鹿みたいだけど、
子供の頃不登校気味で学校が嫌いだった私は
その人のお世話に凄くなったから、
どうしても同じ道に立ちたかった

最初で大きく道を踏み外してるのにね

卒業旅行で海外に行った時に
勇気を出して子供を捨てた乳児院に電話をした。

「□年◯月△日に子供を捨てた者です」と名乗ったら
「あら、あなたがお母さん、
ハナちゃん(仮名)元気に育ってますよ。
あなたは大丈夫?」と、
とても優しい言葉を掛けられて
最後に
「ハナちゃんをうちに届けてくれてありがとう」

その言葉で私の涙腺は決壊して
園長に事の次第を全部話、自分の連絡先も伝えた
ハナちゃんは何度か養子の話が来たが
本人が施設を出たがらないので
しばらくは園に置いて頂けるようだ

自分が母だと名乗り出る勇気はないが、
子供の為に貯金はしっかりしています

気持ち的には全力疾走だったけど、多分アヒル歩きで
追いかけられたら直ぐ捕まってたと思う

一度も検診うけてないから
産まれた時の体重とかわからない
仕事始めて他の子と比べると
自分の子がかなり小さく産まれたんだってのはわかった

スポンサーリンク