何テレビ見てんだ!このマザコン! 義姉さんに無理させて!誰のせいで義姉さんが苦労してんだ!

「私は同居で辛い思いしたから、あんたたちは別に居を構えなさい」

なんて言ってたくせに、毎週末呼びつけては、家事をさせ、
マッチ箱の隅をつつくようなイヤミを言うトメ。

相談しても

「あーわかったよ!みんな俺が悪いんだな!」

と意味不明なキレ方をするエネ夫。

ふんぞり返ってリビングでテレビ見てる、基本空気ウト。

そんな義実家には、末っ子長女のコトメがいる。
結婚式で顔を見た程度だが、
兄貴である旦那にそっくりだった。
ウトの母は女の子に恵まれなかったので、
コトメは蝶よ花よと育てられたらしい。

スポンサーリンク

一族でも待望の女の子を産んだトメはトメで、
コトメ自慢がまぁウザイことウザイこと。

「コトメちゃんは、私が仕込まなくても、
いつの間にか家事をやってたのに…ね~ぇ?(といいながら私をニヤニヤ見る)」

「コトメちゃんは、世界的大企業の役員の妻なのに、
旦那さんに頼りきらないで、しっかり働いてるのに、ねry」

やめたんじゃなくて産休だと何度言えばry
というわけで、ろくに話したこともないコトメのイメージは最悪だった。

そんなコトメが、地元の友人の結婚式に参列するので帰省するとかで、
トメは大張り切りで、身重の私をこき使う。

「私が作ったのじゃないと食べない」

らしい茶碗蒸しの下ごしらえを、なぜか嫁がしていると、
台所にひょっこり顔を出す、顔が旦那の女性が。

コトメだとすぐ分かった。

「おかーさーん、誰かお客さん来てるの?」

台所にいる女性=母と思ったのか、私とトメを間違えるコトメ。
ふっと目が合って、私のお腹と、下ごしらえ中の鶏肉とを見比べて、
見る見るうちにコトメの顔が青くなる。

「ちょっと!○○(トメの名前)さん!」

コトメの声に、のんびり2階から降りてきたトメ。

「ごめんねぇコトメちゃん。茶碗蒸し、私のじゃないと嫌でしょう?
でも、嫁子さんがどうしてもって~」

「言うわけないでしょ?何で身重の義姉さんが、
うちの台所で一人仕事してんの?」

スポンサーリンク

トメ、ここでコトメが自分の味方でないことに気づく。

「え、だ、だって」

「嫁いびりのために、孫も殺せるんだ、すごいね」

うろたえるトメに、トメそっくりの嫌味を冷たく言い放つと、
そのままリビングへ進軍するコトメ。

そこには、のほほんとテレビを見てる旦那とウトが。

「何テレビ見てんだ!このマザコン!
義姉さんに無理させて!誰のせいで義姉さんが苦労してんだ!」

「え?な、なに…」

「誰が義姉さんのお腹大きくしたんだ!答えろ! 」

キレてる口調が旦那そっくりのコトメ。仲裁しようとするウトには

「お父さん、私が嫁ぐとき、旦那君に言ったよね?
『結婚したら、親より妻を優先しろ。妻が君の家族なんだから』
って。目の前に、女房ないがしろにしてる息子がいるんだけど?無視ですか?」

「え、いや、その…」

「ハイかイイエで答えろっ!」

コトメ無双は留まることを知らず、最終的には

「頭冷やして来い!」

とウトメと旦那を追い出してしまった。

静まり返る義実家。

そこでふと我に返ったのか、途端に私にペコペコと謝り始めるコトメ。
両親と兄が無礼をしていたこと、
妊婦さんの前で汚い言葉で怒鳴り散らしたこと
今まで何も気づかず、助けてあげられなかったこと等々。

コトメさんをなだめて、二人で仲良く茶碗蒸し作りを再開。二人で食べた。ウマー。

アドレス交換をする際に、ちょっと恥ずかしそうに

「あの…『ねえさん』って呼んでも良いですか?」

って聞いてきたコトメちゃんが超可愛かった。顔は旦那だけど。

私はそのまま家に送ってもらったけど、その後さらにコトメちゃんは
〆あげたらしく、ジャイアンだった旦那が、
ベンゾウさんみたいになって帰ってきた。

トメさんも、憑き物が落ちたかのようで、後日家に来て

「私も同居で苦労したのにねぇ…本当にごめんなさい」

と、謝罪された。以後関係は良好。

コトメさんには、一生付いていこうと思った。

スポンサーリンク