新幹線の指定席に行くと、 私の席におじさんが座っていた。すると893風のおじさんが現れ

年末帰省するときのこと。
新幹線の指定席に行くと、
私の席におじさんが座っていた。

3人家族で2枚しか指定席を取っていないので
(両親と1歳くらいの子)席を譲れと言われるが、
こっちはお金も払っているし、
他に代わりの席もないので断ると
私が犬連れなのをみて、
「子供は動物アレルギー!近づかないで」とわめき始める。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参ったな~と思っていると、
ずいぶん前のほうに座っていたヤクザ風味のおじさんが
「じゃあお嬢ちゃん(私?)とチケット交換してあげるよ」
とどかっとその席に座り込み、
私はおじさんが座っていた席に行くことになった。

その後家族連れはおじさんに
「子供もいるいい年した大人が、
 相手みてアヤつけるとか
 情けないことしちゃいかんでしょう?」と
ヤクザ風味さんに説教されていた。

ずうずうしい親子連れだ、
ヤクザ風味さんありがとう!GJと思った。
が。
変わってもらった席の周囲が
全部ダークスーツのそっち風味でちょっと怖かった・・・。

スポンサーリンク