軽トラに乗って外人3人が現れて「テツダイマース!」

うちは結構田舎で、
毎年世帯数が減っていくような地区なんだ。
で、ある時、色々あって、
とある家の持ってた土地がうちのものになることになったんだ。

と言っても大した話じゃなくて、
あれ?あそこの土地って持ち主いたの?
みたいな辺鄙なところで、
大きさも小さめの田んぼ一枚分くらい。

で、うちの母親が土いじり好きなもんで、
そこを新しい畑にしよう、ってことになった。

それで休みの日に
とりあえず整地しようってことで行ってみたんだが、
これがまあヒドイ。
元々ほったらかされてた土地だから、
草はボーボーだしデカイ石はゴロゴロ転がってるしで、
こりゃあ一日かかるな…と

ちょうど夏の暑い日だったし、
母親と二人でヒイヒイ言いながら作業してたんだ。

しばらくして、一台の軽トラがやってきた。
田舎とはいえ軽トラくらいは通る…んだが、
乗ってる人たちが不思議だった。

まず運転してるのがここらじゃ珍しい外人の兄ちゃん。
ん?と思ったら荷台にも人が乗ってる

(´∀`*)←こんな顔して
すげえ楽しそうな外人の兄ちゃんが二人。

母親と二人で走る軽トラを見送る

母「……なんだろあれ」
俺「なんだろう……」

軽トラの荷台を楽しむとは通な外人だなーと
ちょっと愉快な気持ちになったところで、軽トラが止まった。

遠目で見てると運転席の兄ちゃんが
荷台の二人に何かを話している。
なんかトラブルか?と思って見てると
軽トラがフルバックして俺らの前にやってきた。

そして車から降り立つ外人の兄ちゃん3人。
すげー笑顔でこっちに近づいてくる。

スポンサーリンク

3人ともアメフト選手みたいにスゲーガタイがいい。
ちょwww怖いんですけどwww

若干ビビりながらも
俺「どうかしましたか…?」
と聞いてみる。

すると運転席にいた兄ちゃんが結構上手な日本語で、
「テツダイマース!」
と言うなり俺の足元に落ちてた石を拾って片づけてしまった。
ポカンとする俺とカーチャン。

荷台の二人もテキパキと動き、
スゲーパワーで石を方したり草を抜いたりしだした。

ポカンとする我々をよそに
「オカーサンハヤスンデテ!マカセテ!」
とウインクするニーチャン。訳が分からない。

何コレ新手の詐欺?と思うが
こんな意味不明な詐欺聞いたこともない。

よくわからんので
運転席のニーチャンに話を聞いてみると、
3人は学生で、休みを利用して日本旅行に来たそうな。

全員初めてではなく、
有名な観光地は前回いったので、
今回はレンタカーでフラフラ回ってみようという
コンセプトとのこと。

にしても一応関東とはいえよくこんなとこまで来たな。
しかも軽トラって。

ここで3人が自己紹介をしてくる。
運転席のニーチャンはフランス人で、
もうなんかテンプレ通りというか
日本の漫画大好き!日本大好き!みたいな感じで
フランス語と英語と日本語が話せるとのこと。

荷台にいたニーチャンその1はイギリス人で、
フランスのニーチャンと同じで
日本メシマジウメエサケウメエ日本最高
みたいなことを言ってた。
英語と日本語がちょっとだけわかるとのこと。

そして荷台にいたニーチャンその2。
彼はアメリカ人で、3人の中で一番デカイ。

しかめっ面で俺に詰め寄ると、
「ヘイ、メン。いいか?俺は日本も日本人も大嫌いだ。
すぐにボッタクリやがるしメシはクレイジーの一言だ。
だがな、必死に働いてるママを見捨てるなんて
人間のすることじゃねえ。だから手伝ってやる。いいな?」

↑というような内容のことを英語で俺に言ったらしい…
とフランス人が通訳してくれた。

ボッタクリとメシがクレイジーに関しては
俺だけじゃなくフランスとイギリスも
「それお前の国じゃね?」 と思ったようだが
アメリカ超怖いから黙っておいた。

どうやらアメリカと他の二人の日本の感想が
あまりに違ったのが不思議で、
二人が渋るアメリカを誘ったそうな。

アメリカおっかねえな…と思ってたら
フランスがデジカメを出して写真を見せてきた。
満面の笑顔でタイ焼きを頬張るアメリカが写っていた。

「彼は素直じゃないのさ、ゴメンネ」

とかなんとか言っていた。

んで何故いきなり手伝いだしたかといえば、
3人が日本に来た時、道がわからずに困っていた時に、
見知らぬおばあちゃんが助けてくれたそうな。

親切に道案内してくれた他に
あれやこれやと世話を焼いてくれたらしく、
とても感謝した3人は是非お礼を、と申し出たのだが、
おばあちゃんは優しく断り、

「何か困っている人がいたら助けてあげてください」

と言い残して去っていったそうな。

そんなちょっといい話に深く感激した3人は
「バーチャンマジカッケエ!」となったらしく
もう人助けする気満々で獲物?を探していたらしい。

そんなところに夏の暑い日にヒイコラと作業してる
ウチのカーチャン見つけたもんだからもう大変。
ここっきゃねえ!とばかりに手伝いにはせ参じたとのこと。

はあそういうわけですか…と一応納得
母「いいのかな…?」
俺「まーいいんじゃない?昼飯でも食ってってもらえば」

突然強力な助っ人を手に入れた我々。
3人ともガタイ通りのスゲエ力で
俺らがヒイヒイいいながらやっつけてた
石やら草やらを軽々と片づけていく。

結局、一日どころか二時間ちょっとで全部片付いた。

俺「どうもありがとう。お礼にご飯でも食べてってよ」
フ「いいの!?お腹減ってきたところだよ!」
イ「イエー!日本メシ!」
ア「…フン」

まったく遠慮しないところにさすが外人だなー、
と新鮮さを感じる。
が、これはこれで気持ち良い。

個人的に、
アメリカ人にメシがクレイジーなどと言われたのが
かなり心外だったので、アメリカに話を聞いてみる。
一体何を持ってそう言ってるのか。

フランスの通訳によると、
前回日本に来た時に食った物が最悪だったらしい。

ア「クサヤにウメボシに納豆に生ガキ!クレイジーだ!」
俺「いやそれ日本人でも好み別れるし…」
ア「フン、どうだか」

ちょっとムカつくので
絶対にうまいと言わせてやることにする

そんなわけでウチに連れて帰ると
ちょうどバーチャンがカマでもち米を炊いていた。ナイス。
突然現れたゴツイ外人に普通に引くバーチャン。
そんなバーチャンにかまわずに

イ「ハジメマシテー、ゴハンクダサイ」
フ「オバアチャンカワイイネー」

村社会にはまぶしいくらいのフレンドリーさで近づく外人ズ。
素直にすごいと思った。

事情を説明すると、さっそくもち米でおにぎりを作り、
肉じゃがとみそ汁を作ってくれる。
さすがもてなし好きの田舎のバーチャン。

バーチャン「外人さんはこんなものでいいのかねえ…?」
と不安になるが、
まあまずいとは言わないだろう、と出してみる

炊きたてのもち米のおにぎりに肉じゃがにみそ汁。
さあ言うことはないだろう、と
海原雄山気取りでメシを出すと予想以上の反応だった。

イ「マジウメー!え?何コレライス?ライスなの?
 モチ!?何それ!?とりあえずビール飲みてえ!」

フ「ウマー(´∀`) この優しい感じが最高だよねー!」

バクバク食べる二人の姿に、
半信半疑のアメリカもようやく手を付ける。

ア「(モグモグ…)……!!」

その時、アメリカに電流走る。

ア「え?これ、え?これ日本料理なの?え?マジで?え?」

何回聞くんだよ

俺「超ポピュラー料理です」
ア「マジか…」

ア「……(無言で爆食)」

フランスとイギリスの奪い合いにアメリカが参加。
ちょっとした国際問題みたいだ。

そこからもう3人で取りあうように食らう食らう。
カマ一杯にあったもち米完売。
みそ汁と肉じゃがも完売。

俺とフランスでニヤニヤしながら
アメリカに感想を聞いてみると

ア「フン、まあこれはそこそこ食えるな」

いや口の周り米粒だらけにしてそんなこと言われても。

あまりにも見事な食いっぷりとアメリカのツンデレぶりに
バーチャンのもてなし心に火がついた。
次から次へと繰り出される料理の数々。
迎え撃つ助っ人外国人ズ。

鳥肉と野菜の煮物を出せば
フ「ウマー!そうそうこの感じ!」
居酒屋にいるオッサンみたいなことを言うフランス。

豚肉の生姜焼きを出せば
イ「ヒャッホウ!ライスもお願いしたい!
 あとビールもおかわり!」
酒がライス代りのイギリス。
こいつマジで気持ち良いくらい遠慮しねえwww

煮魚をつくってやれば
ア「……」
フォークで器用に食いつくすアメリカ。

しまいには缶のコーンスープまで出てくる始末。
フ「コーンスープウメー!」
いやむしろそれお前の国よりの料理じゃないのか

結局、冷蔵庫の中ほとんど食いつくすくらいの勢いで
食いまくった外人ズ。

食後のデザートのハーゲンダッツがうまいのは万国共通らしい。

なんやかんやと話していると、
イギリスが突然思い出したように折り紙を取り出した。

旅の途中でもらったらしいが、
なんなのかよくわかってなかった。

軽く一升は食ってた

イ「この紙、キレイだけど何につかうのー?」

俺「あー、折り紙だね。えーっと……」

とりあえず何か折ってみようと思ったのだが…
彼らにカブトとかツル折っても理解できるのかな…?
と不安が。

スポンサーリンク

まあいいや、と
俺が得意な手裏剣を作ってやると、フランスが壊れた。

フ「フォー!!?それ!
 フォー!!スリケン!!スリケン!!!?」

パニックを起こし、HGのようになるフランス。
しまいには俺を指差し、
フ「ナルトゥ!?ナルトォ!?」

いや俺ナルトじゃねえし

超興奮しながら二人にまくしたてるフランス。
恐らく
「あのジャパニーズ紙切れで武器作りやがった!」
みたいなことを言ってたのだろう
やっぱりナルトが好きなのか
印を結ぶような動きをしだすが意味はわからない。

フ「貸して貸して!投げたい投げたい!」

ごつい体して子どもの様なフランス。
一応投げ方もレクチャーしてやると
超ご満悦でブンブン投げまくる

イ「俺も俺も!作り方教えて!」
ア「俺も!」

なんか知らんが食い付く二人。
やっぱりニンジャって人気なのかしら…
と思いながらレクチャー。
イギリスはスゲー手先が器用で、
俺より形のいい手裏剣作りよった。

対して手がデカイ上に不器用なアメリカちゃん。
まあ折り紙が小さいってのもあるが。
どうにもこうにもうまく折れない様子。

一つ折っては
ア「…シット!」
二つ折っては
ア「…シット!」

最終的に
ア「!!!!!!」
と叫んで折り紙重ねて引きちぎりよった。
お前は花山薫か。

キャッキャウフフと手裏剣で遊ぶ二人を横に、
すっかり拗ねてしまうアメリカ。
お前は異国の地で何をしてるんだ。

ア「フン、そんな子どもの遊び、興味ないね」
超うらやましそうに二人を見るアメリカ。

仕方ないのでアメリカちゃんにも作れそうな折り紙?を
教えることにする。

新聞紙を用意して紙鉄砲を作る俺。
興味津々のアメリカ。
出来あがった紙鉄砲を見ても
イマイチよくわからない様子。

俺「まあとりあえず作ってみよう」

これなら紙もデカイし、作りやすい。
なにより大雑把なアメリカちゃんにはちょうどいいだろう。

一通り教えるとちゃんと作れたアメリカ。
何に使うのかはわかってなかったが、とりあえず、

ア「…グッド」

よくやった、というように
なぜか上から目線でスマイルのアメリカ。

そして紙鉄砲の使い方を教える。
といっても思いっきり振りかぶって振り下ろすだけだが。
気分は上官。

俺「レディ!」
手を振りあげる。
ア「ヤー!」

俺「ファイア!」
振り下ろす。
ア「ファイア!」

スパーン!!と小気味よい破裂音がして、
ア「イヤッハー!」
と、ご満悦のアメリカ

そして一瞬にして地に伏せて頭を抱えるフランスとイギリス。
銃社会の反射神経を垣間見た気分だった。

俺「ソ、ソーリー?」
ア「ヒャッハー!」
とりあえず謝る俺ともう一発紙鉄砲を撃つアメリカ。

フランス「ラセーンスリケン!」

どうやら遊びだと気付き
大技で反撃してくるフランスとイギリス。

キャッキャウフフと3人で遊ぶゴツイ外人3人。
ここは幼稚園か。

して一通り遊んだ後、フランスが

フ「ねえねえニンジャってもういないの?」と
これもお約束?の質問をしてきた

普通に答えるのもつまらないので神妙な顔で小声になる俺。

俺「…世界には色々な諜報部があるよね?」
フ「…うん」
俺「CIAとかKGBとか、
 名前を聞いたことがあるだろう?」
フ「…うん」

俺「…日本にも、もちろん存在している…
 しかし君は、その部隊の名前を聞いたことがあるかい?」

フランス、しばらく考えた後、

(,,゚Д゚)! ←こんな顔になった。

俺「…これが、どういうことかわかるかい?」

無言でコクコクうなずくフランス。

フ「ニンジャスゲー…」

本気にしてたらどうしよう

そんなこんなで夕方になると、
3人が信じられないことを言いだした。

フ「お腹すいたねー」
イ「うんー」

ちょwwwwあんだけ食ったのにwwwwもうかよwwww

イ「あ!俺しゃぶしゃぶ食べたい!」
思いついたようにいうイギリスと
フ「あ!食べてみたい!」
乗っかるフランス。

フ「どこかいいお店しらない?」
俺「うーん、ちょっと遠いけど…」

3人の予算を聞くと、大分余裕があるようなので
食べ放題の店に連れていくことに。

まあ、今日は彼らのおかげで大分楽させてもらったので
せっかくなのでリクエストに答える。

車で一時間くらいのところにあるから
連れてってやるかと外人ズを車に乗せる。
出発しようとしたところで、バーチャンが、

「あんたら今日はどこに泊まるの?」と尋ねたところ、
軽トラの荷台で寝る、とワイルドな答えが帰ってきた。

バ「それならうちに泊まってけばいいじゃない。
  離れ空いてるし」
フ「いいの!?ありがとう!」
ア「サンキュー!」
イ「ありがとう!バーチャンにデカイ肉ゲットしてくるよ!」

しゃぶしゃぶを何かと勘違いしているイギリス。

そんなわけで出発。
そもそもしゃぶしゃぶとはなんぞや状態のアメリカ、
どうせ今度こそ際物だろうと疑心暗鬼になっている。

ア「大体しゃぶしゃぶって名前からして胡散臭いぜ!」

そんなこと言われても困るが。

とか言ってたくせに店に着くとテンションの上がる3人。
和風の店内や畳にいちいちテンションあがって
店員さんも苦笑い。

とりあえず食べ放題コースと
イギリスのリクエストで飲み放題も付ける。

イ「サケ!ニホンサケおいしいよ!」

とフランスとアメリカに進める。

日本酒をあおるイギリス。

フ「ボクは梅酒のソーダ割り~」
と通な飲み方をするフランス。

ア「日本酒ぅ?酒はビールに決まってるだろ?」
といいつつもしっかり日本酒を頼んでみる
ダチョウ倶楽部のようなアメリカ。

一息で飲み干すと、
ア「…うまいじゃないか!!!!!!」

なぜか切れるアメリカ。

そしてお待ちかねのしゃぶしゃぶが登場。

3人「ヤー!」
酒が入ってさらに陽気になる3人。

しかし初めてみるしゃぶしゃぶに
どうしたものかわからない様子。
そしてアメリカが鍋の円筒部分を指差す。

ア「わかったぞ?この筒の蒸気で肉を蒸すんだな?」

ドヤ顔でそう言うアメリカ。何時間待てばいいんだよ。

俺「これはこうやって食べるんだよ」
3人「オー!」

普通にしゃぶしゃぶを食っただけで歓声を浴びる俺。
ちょっと恥ずかしい。
そしてレッツしゃぶしゃぶ。
昼間あれだけ食ったとは思えない勢いで食うわ飲むわ

フ「ウメー!想像以上だよ!」
イ「ゴマダレ?もポンズ?もウメー!酒もウメー!

その横で薄い肉をつまみ鼻で笑うアメリカ。
ア「ハン?こんな薄い肉がうまいだって?冗談だろ?」
イ「ハイハイ」

完全にダチョウ倶楽部扱いのアメリカ。
そして超予想通り、

ア「え?これ?肉、え?…(無言爆食開始)」

再びニヤニヤしながら俺とフランスが感想を聞くと、

ア「フン、まあまあだな」

口の周りゴマダレだらけでそんなこと言われても。

しかしほんと良く食うのでまとめて注文。

俺「肉をとりあえず…20枚」
店員「はい…え!?あ、はい…」

店員さんが引いてきたのでそろそろお開きにしよう…
としたところで酒を煽っていたアメリカちゃんが泣きだした。

ア「あーちくしょう!ウメエ!
 肉も酒もウメエよ!なんだよこれ!」
お前がなんなんだwww

どうやら泣き上戸?らしいアメリカ。
お前どんだけ属性持ってんだよwww

ア「肉じゃがもうめえしもち米も超うまかったし!
 それからお前!お前だよ!」

いきなり俺を指差すアメリカ。

ア「お前もお前のファミリーも超親切じゃねえか!
 なんなんだよ!皆超いい人じゃん!
 もう日本好きだよ!!」

アメリカがデレたwwww

まあ落ち付けと二人になだめられながら店を出る。

イギリスとフランスに抱えられながら泣くアメリカ。
ア「チクショウ…日本好きだ…」

なんかこのつぶやきが妙に嬉しかったのを覚えてる。

そして帰宅。離れに3人を置いて、俺も就寝。

翌朝。出発する3人を見送る。
イ「アリガトウゴザイマシタ。
 ホントニホントニアリガトウゴザイマシタ」
フ「フランスに来たら是非うちによってください」
ア「絶対また来るよ!」

ちょっと泣きそうな3人と泣いてるバーチャン。
田舎に泊まろうみたいになってきた。

バ「これ、お土産ね。持っていって」
うちで取れた野菜の詰め合わせを持たせる。
フ「ありがとうございます」

と言ったところでフランスが「あ!」と声を上げる。

フ「お礼に手伝ったはずなのに
 その何倍も持てなされてるよ!?」
イ「本当だ!日本怖ぇ!!」
ア「これじゃいつまでたっても日本から帰れないぜ!?」

なんてことを言って、笑ってお別れ。

来た時と同じように、軽トラの荷台に乗っていく外人ズ。
バイバーイと、手を振って、彼らの旅の無事を祈る。

後日、回覧板に

「大量の野菜を軽トラで持って行った
 外国人の集団が目撃されました。
 窃盗団かもしれないので注意してください」

↑との一文が載ったwwww

彼らの名誉のために否定しておきました。

スポンサーリンク