嫁の実家が大地震で崩壊。結婚式を挙げて数年後、嫁にガンが見つかった

俺の場合は、某大手交流系サイト。
そこに登録しているオトコは、まぁ大体は
まじめにつきあう相手を探している奴が多かった
(毎月、クレカで数千円ずつ引かれているのだから当たり前か)

そこは、サイト内メールとチャットと掲示板がメインで、
親しくなって実メールアドレスを教え合うまでは、
自分の公開しているプロフだけが唯一の武器。

そこに2年くらいいたかな。
グループでオフ会もやったし、
何人かと会うところまで行ったけど、
これという決め手が着かず、ずるずると続けていた。

スポンサーリンク

ある日、チャットで知り合っていた女性から
いきなり、彼氏にひどく突き放されて落ち込んでいる、
という連絡があって、個人情報交換して、
電話したり、会いに行ったりもした。

だが、彼女は北海道で自分は東京だから、
長距離電話と飛行機を使わないと
コンタクトが取れない長距離恋愛。
「会いたい」と電話で言われても、
すぐに飛んでいくわけにも行かない。
そうこうしているうちに、
その女性の彼氏が謝ってきて元の鞘に。
俺の立場はどうなるw

しかも、どうしてかは知らないが、
チャットで俺の悪口が流れていたらしく、
チャット仲間のつきあいにもヒビが入った。
ちょっとへこんでいたときに、
チャットで声を掛けてきたのが嫁。

実は、それまで嫁はいくら誘っても
絶対にOKして来ない「堅い女」だったんだな。
俺としても、
他にいくらでも声を掛けられる女がいる環境だから、
無理に固執することもないと思い、
しばらくは放置していた。

で、へこんでいた俺がなんかかわいそうに思ったらしく、
(あるいは無害なオトコだとわかったのか)、
会って話するまでになった。

初めて会ったとき、
嫁は結構オバサンに見えたが(俺より2つ年上)、
まぁ見た目じゃないので、
誘ってドライブに行くような関係までになった
(嫁は都内だったので、
すぐに会えるというのもポイントだったかも)。

何となくずるずるとつきあっていたが、
事件が起こった。

一つは、
嫁の実家が例の大地震で崩壊し、
家族が被災したこと。

スポンサーリンク

もう一つは、
俺が高速道路で車両全損の大事故を起こしたこと。

幸い、嫁家族も俺も、
結果的に五体満足で生きていられたんだが、
何か感じるところがあったようで、
その後一気に話が進んで結婚することになった。

日取りが決まった時点で、
「金は全部俺が出す」と言ったら、
「無理しなくても私が出すから」と言われた。
嫁は看護師でバリバリと稼いでいたから、
それなりのサラリーマンくらいの収入はあった。

実は、俺は金目当ての女をパージする意味で、
交流系サイトのプロフには、
年収を300万円少なく書いておいたんだ。
そこで、給与明細を見せて

「今まで黙っていたが、俺の本当の収入はこれだけある。」

と言ったら、

「ばかね。あなたの収入を当てにして
結婚を決めたんじゃないわよ」」

と言われたが。
ともあれ、無事に結婚式を挙げて、
数年後、嫁にガンが見つかった。

実は、見つかる1年前に明け方具合が悪くて
地元の総合病院に担ぎ込んだことがあるんだが、
「胃腸炎でしょう」で点滴だけで返された。
そのときにもう発症していたらしい。

どうもおかしいと別の病院で見てもらったら
「うちでは手に負えない。
紹介状を書くからがん専門の病院へ」と言われ、
嫁は職業柄詳しかったので、国立がんセンターを選んだ。

担当医師は淡々と、
「摘出しかありません。婦人系の器官全部取りましょう」と。
おいおい、うちはまだ子梨なんだぞ。
だが、嫁の命には代えられない。
入院して手術することになった。

手術は無事に終了したが、
再発の恐れがないわけではない。

予後治療が始まった。
げっそりと痩せ、髪の毛も全部抜けてツルツルになり、
夜な夜な「痛い。痛い」とうめく嫁を
さすってやる毎日が続いた。

嫁の治療が半年を過ぎた頃、
俺の実家の親父にガンが見つかった。
嫁は、
「こんなときに役に立たなくてゴメンね」と
しきりに言った。

辛い時期もあったが、幸い親父の手術も成功し、
嫁も回復してだいぶ元気になった。
つけていたウィッグを外せるくらいまで髪の毛も伸びた。

家族の健康は大事だな、とつくづく思ったわ。
おまいらも、家族を大事にしろよ。

スポンサーリンク