赤ちゃんの血を健康な血に全部入れ替える必要がある

大した体験ではありませんが・・・
昔、血が足りない時代がありました。
緊急手術の場合など、親戚縁者子供の同級生、
あちらこちらに声をかけて、個人で集めるのです。

私が勤務中の小さな個人設計事務所に、
そこの従業員に電話連絡が有りました。

スポンサーリンク

その方の弟の生まれたばかりの、
赤ちゃんの血を健康な血に全部入れ替える必要がある。
そこで、勤務者にB型は居ないか?
私が適し健康で何度も献血しているので、
福岡市から久留米市の病院まで行くことになりました。
私は血を交換しても失敗した場合の、
再度輸血用の予備員でした。
そこで、深夜2時まで待機です。
さっさと400ccだろうと、600ccだろうと、
出して早く帰りたいなー。

スポンサーリンク

全血の入れ替えは上手く行き、やっと帰れました。
・・・病院で待つのは辛い事。
帰りは一緒に来た兄さんとタクシーで帰りました。

それから、約3ヶ月後の日曜日に、
突然その弟さん夫婦2人で赤ちゃんを、
私住まいまで連れて来られました。

健康で何の問題なく育っていました。
記憶に鮮明に残っています。
地球上に住んでいる人は現代医療がなければ、
人口は今の半分になるそうです。それを実感した体験でした。
お礼に整髪料セットを頂きましたが、髪が乱れていたのかな。

その後の体験では、
母が胃がんの手術の為輸血していただいたり
献血センターの所長から
「100回記念には、盾に記名入りのいいもの貰えますよ。」
と誘惑されたり
献血しに来られている善意の方々の雰囲気にて、
もう240回の献血になりました。
年金世代で、月2回の成分献血は、日本に30人居るかな? 

スポンサーリンク