宅配業車が荷物を持っていくと・・「私ねぇいたんですよ。でもすみません、 なんかすみません」

宅配業者で働いている知人が話してくれた話。
あるお宅に荷物を持って行ったんだけど不在だった。
数時間後、またその近辺に配達があったので、
ついでだと思いその不在だった家に電話を入れた。

すぐにその家の奥さんらしき人が出て

「今朝はすみませんでした~」

と言った。
感じのいい人だなぁと思い、
これから行く旨を伝え家に向かった。

スポンサーリンク

インターホンを鳴らし、すぐ出てくるだろうと待っていたが
音沙汰がない。何度鳴らしても出ない。
仕方ないと思い、あきらめて別の場所を回った。

その後夕方またその近辺を通ることになり、
もう一度そのお宅に電話を入れた。
奥さんはまたすぐ出て

「さっきはすみませんでした~」

と言った。知人がこれから
行く旨を伝えようとすると<

「さっきはぁ~すみませんでした~」

「すみませんでした~~」

「すみませんでした~~~」

を連発してきた。

「私ねぇいたんですよ。でもすみません、
なんかすみません」

「申し訳ないですぅ。ほんと私すみませんでしたぁ」

スポンサーリンク
 
知人が
 
「あの…」
 
と言おうとすると
 
「すみませんでしたぁ」
 
と言ってくる。
 
とりあえず
 
「今から行きますので」
 
と伝え、憂鬱ながらも家に向かった。
インターホンを押すとやはり出なかった。
 
帰ろうとすると視線に気づいた。
ドアのすき間からおばさんがこっちをじーっと見てる。
そしてでっかい声で
 
「お前のせいでゆっくり糞もできねぇ!!」
 
って怒鳴られたらしい。
 
電話では物凄く上品そうな感じの良さそうな人だったので、
びっくりしたと言っていた。
 

結局その荷物は別の従業員が持って行った。

スポンサーリンク