近鉄八木駅の連絡階段付近でバカ夫婦が座っていたら

体験した後味の悪い話です。

近鉄八木駅の連絡階段付近でのことです。
そこは30分に1本の京都行きが2分くらいしか
待ち時間ないこともあって、
通勤通学者がすごい勢いで階段を走り降りて来る所。
そこの中心通りで、若夫婦がベビーカーを止めて
階段で座って幸せそうに話していた。

「ここは、もうすぐすごい混雑で危ないので移動した方がいいですよ」

と注意したら、
露骨に嫌な顔をされて女性にそっぽむかれた。

スポンサーリンク

男性が「えっ、この人何ていってたの?」
女性「嫌味云いに来たみたいだよ。(クス」

私は親子連れから離れて、気になって見ていた。
まぁ、いくらなんでも人の波が来たら気配で気が付くだろうし
わざわざ云うほどでもないかな?…と

階段からインパラの群れのように走り降りてくる群衆。
親は慌てて荷物などをまとめていたが、
降りてくる人の足のほうが速かった。
次の瞬間、飲み込まれた群れの中から高く飛んだ固まりの気配…
母親の悲鳴…赤ん坊が飛んだみたいだ。
駅員が悲鳴の方向に小走りしていた。

スポンサーリンク

駅まで来てたのにかかわらず、
私はその日家に帰って寝込みました。
今まで危険を感じながらも、
分かってもらえず最悪の事態に至った事が数回あります。
きっと、私の人望がないんでしょうね…。

たぶん夫婦はよけるほどでもない田舎駅と思って、
階段座っていたんだと思います。
平日だったので、多分祖父母に孫見せに行く途中だったのかも。

駅構内の連絡階段です。(十字型になってる連絡駅です)
事故後しばらく階段上下に駅員が張ってました。
私も降りてきた群集に文句云われてしぶしぶどけてたら
同じ気持ちだと思います。

母親は黒髪で後ろ1つに束ねてました。
2人とも派手ではなく地味な普通の夫婦でした。
混雑してたけど、列車が遅れてまだホームに入ってなかったため、
赤ん坊は線路の所に飛んだみたいです。
親の悲鳴が尋常がなくて、混雑の中の野次馬状態でしたので詳しく状況が
わかりませんでした。

スポンサーリンク