「ホストクラブって、 すごいかわいいとか褒めてくれるらしいと聞いたので」

自宅待機してたら昔のこと思い出してきたから書き捨て。

小さい頃からずっと姉と容姿差別されて育てられた。
お姉ちゃんはかわいい、お前は豚、みたいなのがデフォルトだった。
家族以外からもかわいいとか言われたことはなかった。
これはまぁ、服もぼろいし髪もぼさぼさだし、
何より自分で自分をブスだと思ってる愛想のない子なんて
実際かわいくないしね。

スポンサーリンク

お前は嫁に行ける顔じゃないからって
商業高校に進学させられて、
私もこんなブスじゃ仕方ないですよねって親に唯々諾々と従って
そのまま就職した。

稼ぎはほとんど親に渡してた。
そのまま姉に渡ってたと思う。
服も美容院も化粧もお前には無駄、
って言われてそのとおりですねって思ってた。

そんなこんなで家の奴隷やってて
20歳過ぎたあたりで、そうだタヒのうって思った。
どうせ恋愛とか出来るわけないし、生きてても無駄だし、
ブスだから仕方ないけど、
それでも馬鹿にされ続けて生きるのは辛いものがあるし、と。

今にして思うと、たぶんこれ欝だったんじゃないかと思うんだけどね。

で、どうすれば出来るだけ迷惑をかけずにタヒねるか考えて、
誰かの私有地だと迷惑だろうし、
地方の国有林あたりで括れば良いかなと思った。

金曜日の会社帰りにそのまま電車で括りに行こうと思ってたんだけど、
その日の朝、親から言われたこと思い出したんだよね。

「アンタは一生誰からも愛されない、かわいそうな子だね」

って。
自分でもまったく同感で、それで何を思ったかホストクラブに行った。
事前知識も何もなく、ケータイで調べたお店に入っ
て「初めてなんですけど」って言った

「ウチの店を選んでくれてありがとう」
「一人で来るなんてすごいね、こういっちゃ何だけど勇気あるね」

スポンサーリンク

ってすごい歓迎された。

隣に座った人に「お喋りしたい気分?」って聞かれたから、

「いや、なんか、ホストクラブって、
すごいかわいいとか褒めてくれるらしいと聞いたので」

みたいなこと言った。
もう笑われてもどうでもよかったから。そしたら、

「あー!わかる!無性に褒められたいときってあるよね!わかるー!」

とか言いながらめっちゃいっぱいかわいいかわいい言ってくれた。
通りがかった他のホストの人も呼び止めて、
この子可愛いよね!?みたいに持ちかけて、
そしたらどのホストの人も「かわいいっすね!」
みたいに答えてくれた。

2時間くらい飲んでたんだけど、
アルコールというより言葉の魔力で頭がくらっくらしてたよ。
一生分のかわいいを聞いた気分だった。
店を出るときに最初のホストの人がお店の外まで見送りに出て、

「今は店外だから、これは接客じゃなく本音トークね。
まじかわいいから自信持って」

って言われたときは、たぶんもうまともな思考回路
残ってなかった。

それで、そのままタヒぬこと忘れて、
でも家にも帰りたくないからビジホ泊まって、
翌日にアパート探して2週間後に引越しした。

家族からの暴言も電話なら受け流せるし、
たまに会っても帰る家が別だから大丈夫。
結局のところ自分が実際のところ不細工なのかどうかは
分からないけど、よく考えたら取引先からクレームとか
入ってるレベルでもないし、
それほどひどくはないのかもしれないとは思えるようになってきた。

ホストで人生狂わされた、って話はよく聞くけど、
私もある意味ホストに人生狂わされた。
あれ以来行ってないけど、これは確かに狂う人は狂うだろうな…
と思ったのが衝撃的。

長くてごめん。すっきりした。

スポンサーリンク