保育園の部屋に入ると両手に包丁を持った大人の男の人がいた。

3歳下の弟が赤ちゃんの頃、
私と弟は同じ保育園に入っていた。

お昼寝の時間に、自分のお昼寝セットの中に
弟のおむつが入っているのに気がついた。
弟のいる赤ちゃん組は、1階で自分の教室は2階だった。
先生に一言断ってから、1階に行こうと思ったが、
ちょうどお漏らしした子がいて、
3人いる先生の内1人は、その子にかかりきり、
残りの2人は、ほかの子のお着替えや布団の用意で
バタバタしていた。
私はもう着替えも布団の用意も、トイレも済ませていたので、
すぐに戻ればいいやと、おむつを持って1人で1階に行った 。

スポンサーリンク

1階の部屋に入ると、弟はベビーベットの中で眠っていた。

でも部屋に先生ではない大人の男の人がいた。
誰かのお父さんかな?と思い

「こんにちわ」

と声をかけた。
ビクッとして振り向いた男性は、
当時3歳か4歳の私から見ても尋常じゃなかった。

体ごとこちらを向いた男性は、
両手で包丁を握っていた。
よくわからないなりに、弟を守らないと!と
弟を抱き上げようとするが、
ベビーベットの柵が高くて手が届かない。
悲鳴をあげつつ、持っていたおむつや
そこらの物を投げつけながら、
男性と弟の間に立って両手を広げた。

スポンサーリンク

ほっぺたがカッと熱くなって、
殴られた!と思った。
先生たちが駆けつけてきて、悲鳴をあげて大騒ぎになった。
先生に抱き上げられながら

「弟を助けて!」

と泣いた。

「大丈夫よ」

と言われて、ベビーベットを見下ろしたら弟は
もうベットにいなくて他の先生に抱かれていた。
見回すと、男は部屋にいなかった。
涙を拭おうと顔を触ると、手にべったり血がついた。
ほっぺたを切りつけられていた。

その後、保育園はやめて小学校に行くまで
母が家にいてくれて、弟と私と母と3人で過ごした。
大人になって事件の記事を検索して読んでみた。

無職の30代男性が、塀を乗り越え保育園に侵入
窓から乳幼児部屋に侵入

居合わせた保育園児1人に軽傷を負わせ逃亡
2時間後、警戒中の警察官に逮捕される

という事件だった。
今は親が整形外科で手術を受けさせてくれたおかげで、
うっすら白く傷跡が残る程度になって、
自分でもよく見ないとどこに傷があるかわからない。

子供だったとは言え、
弟以外の乳幼児(当時10人くらいいた)を全く
気にかけなかった自分が怖い。
弟と男の間に走り込んだ時、大げさじゃなく

「死ぬかも」

と覚悟した時が修羅場。
その弟が大学を出たあと、
引きこもりニートになって、2年以上口を聞いてない
今も修羅場。

スポンサーリンク