家族が悪徳商法に引っかかった。普通に作ったおにぎりを 1個千円で買わされた。

家族が悪徳商法に引っかかった時、
短気な私がバカな対応をしてしまった話。

国民生活センターの用語を使うと、
「悪質商法」のうちの「次々販売」にあたり、
1つ1つは高価でなくても、次々に買わされて
結果として巨額の支払いになるというもの。
1つ1つの品物に問題はないが、
ぼったくり値段がついている。

例えて言うなら、普通に作ったおにぎりを
1個千円で買わされるようなもの。
1度買うと、次は鮭のおにぎりはどうですか、
次はおかかで、その次は梅干しで、と
果てしなく売りつけられる。

スポンサーリンク

なんかこのごろ、やたらおにぎりが家にいっぱいあるなーと思い、
家族に聞いてみたら、上記のことが分かった。

なんで買わされた品物をリアルに書かないかというと、
私はその悪徳商法で扱っている品物の業界に
勤めているから。

もちろん、勤め先ではまともな商売をしている。
しかし悪徳商法で扱われては、業界の信頼だって落ちるし、
まともな商売をしている勤め先と、
同業者たちのためにものすごく腹が立った。

まずこれ以上の契約は断らねばと思ったが、
電話では言いくるめられてしまうだろうし、
言い間違えもあるかもしれないと、
契約書にあったアドレスに

「今後はそちらとは契約しません。
現在契約しているまだ納品されてない分は、
キャンセルします」

というメールを送った。
向こうからの返信は

「現在の契約分はキャンセルできません。
弊社の規則でそうなっています」

という強気なものだった。
私はかっとして、業界の人間が言われたく
ないだろうことを羅列したメールを送った。

先のおにぎりの例えを続ければ

「あんたとこのおにぎりはどうせまずくて
買い手もいないんだろう。調理が下手だもんね。
だから、味のわからなくなった年寄りに売りつけてるんだね。
そのうち食中毒でも出して、集団訴訟を起こされて
賠償金取られるよ」

的な。
根拠は何もない。
ただ嫌なことを言いたかっただけ。
向こうから帰ってきたメールは

「弊社は非難されるような商売はしていない」

だった。

スポンサーリンク
ここらへんで頭が冷えてきたので、
市の消費者センターに出向いた。
初めからそうしろよというツッコミは
重々承知だけど、頭に血が上ると思いつかないものなのだ。
消費者センターの人にも
 
「メールで喧嘩する前に来てくださいよ」
 
と叱られた。
ごもっともです。すみません。
 
消費者センターが対応してくれた結果、
納品されてない分の契約はキャンセル、
先払いしたお金も戻ってくることになった。
 
しかしそれには条件があるという。
私からの嫌味メールを受け取った
向こうの担当者が深く傷ついたので、
文書で謝罪してほしいんですと。
悪徳商法やってるくせに、
嫌味言われたくらいで傷つくなよ。
 
消費者センターは
 
「あなた(=私と家族)が被害者なのに、
謝罪って……書けますか?」
 
と心配してくれたが
 
「頭なんかいくら下げたって減りゃしませんから」
 
と大見得を切り、ネットで「謝罪文の書き方」
を検索して、そのまま書き写して送った。
 
この件に関してはこれで解決したが、
悪徳商法業界では共通の「カモ名簿」があり、
カモと認定されると別口から
何件も引っかけてこようとする。
うちも半年に一度くらい、同じような勧誘がまだある。
もう引っかからないよういろいろ手を打ったが、
ネット上でも、よく
「ちょっと考えれば引っかからないだろうに、
引っかかる方にも問題があるんじゃないの」
というコメントを見かける。
しかし「ちょっと考える」ことをさせないプロなんですよ、あいつらは。
真面目な話、あなたも私も、誰でも引っかかる可能性はある。
消費者センターには感謝感謝。
 
スポンサーリンク