私を両親以上に可愛がってくれた姉たち。私「姉達に勝った。」

自分で自分が嫌になる。
私には姉が2人いるんだけど
どちらも昔から勉強が出来たり
スポーツ万能だったりとすごく優秀な人間。

人間的にも出来た人達だから
周りに集まるのもとても優秀でいい人達ばっかり。

スポンサーリンク

もちろん私にも優しい。
勉強も教えてくれたし
年の離れた私を両親以上に可愛がってくれた。
姉達の事は本当に大好きだし心の底から尊敬してる。

姉達に遅れる事4年、今年私も結婚した。
そしてすぐに妊娠。
嬉しかった。すごくすごく嬉しかった。
でも嬉しいと感じた理由が
我が子を抱けるとかではなく、
「姉達に一矢報いた。姉達に勝った。」
だと気付いてスレタイ。

心のどこかではずっと、
「姉達には勝てない。勝てる要素なんて何一つない。
ずっと私は負け犬。」
って卑屈な感情があったんだと思う。

こんな私が子供を授かっていいのかな。
子供が大きくなり、そのうち姉達が子供を授かったら、
私はきっと子供同士を競わせてしまうと思う。
振り回してしまうと思う。

毒親になるのは目に見えている気がする。

スポンサーリンク

姉達に対する負の感情を捨てられる気が
さらさらしてこなくて怖いんだよね。

というか自分が今まで姉達に
そんな感情を持ってたなんて気付かなくて、
今回の妊娠で自覚してしまったから
これからどんな顔して姉達と接すればいいのかわからない。

たとえ今「妬み僻みは捨てよう!」と決意しても、
いざ姉達に子供がうまれた時に
我が子と姉子達を競わせない自信がない。

そんな卑しい気持ちを
我が子に押し付けていくのかと思うと
産まない方がいいのかなとも考えてしまう。

姉達に出来てない事をした=姉達に勝った!と思ったの。
これまでの人生で私が
姉達に勝てるような出来事なんてなにも無くて、
これからも起きるはずがないと思っていたところに、
「子供」という生きていく中で重要度の高い部分で
先を越すことが出来て素直に嬉しかった。

こんな事言ってるけどもちろん産むよ。
1番に湧いたのは姉達に勝った!って感情だけど、
子供を授かった事自体も間違いなく嬉しかったしさ。

でも確かに妬みを止めるのは無理だろうなと
自分でも解ってるから無駄な努力はやめて
子供の事だけを考えてあげようと思う。

ありがとうございました。

スポンサーリンク