猫が泣いた姿を見た

猫が泣いた姿を見た事。

猫は、病気以外で涙を流す事は無いと思ってた。
だけど、うちの猫は間違いなく泣いてたと思う事があった。

以前家には2匹の猫が居て、物凄く仲良かった。
先住猫が居た所に姉が仔猫を拾ってきて、
喧嘩するかなあ…?と不安だったけど、
先住猫は、それはそれは可愛がって、
仔猫がウザがる程深い愛情を注いでいた
『お兄ちゃん』だったので、見ているこっちも嬉しかった。

スポンサーリンク

だけどある日お兄ちゃんが急シしてしまった。
本当に急で、朝起きたら眠るように逝ってしまってて、
私達もかなりの衝撃を受けた。

今なら酷い事したなと後悔してるんだけど、
その時に『やっぱり所詮は猫だから』と
猫の感情を甘く見てて、
弟猫のフォローなんて考えもせず過ごしていたら、
段々、仔猫の様子がおかしくなっていった。

居なくなって3日位かな。
「ぎえ~」「ぎえ~」と元からの超きったない声で
家を歩きまわる様になった。

スポンサーリンク

注意して見る様になったら、
兄猫がよく居た場所で騒ぎ続けてるんだよね。
もう悲しがっている様にしか見えなくて、
そこで姉がお兄ちゃんに会わせてあげようと
本当に親切心で兄猫の動画を見せてしまった。

そしたらもう可哀想な事になってしまった。

『ぎ…』
『ぎぇ…』
『…………………』
『ぎえぇぇ~~~~!!』
と鳴いて力一杯しがみ付いて、
『ぎえ~~!』と鳴き続け、
顔を見たら薄っすら涙が浮かんでた。

人間の子供が号泣してる姿と変わりなくて、
猫の感情の在り方や
こうやって猫は「泣く」んだと衝撃を受けた。

それを見てこれはイカンと思ったらしい姉。
またも親切心で翌日兄猫に似た模様の
更に小さい仔猫を愛護団体から引き取ってきて、
弟猫に見せたらしい。

私が学校から帰ってきたら、
一緒に抱き合って寝てた上、
夜は一緒に遊んでた。

…悲しみからの切り替えが物凄く早いのも衝撃だった。

スポンサーリンク