アメリカで肝試しに廃墟に行ったら「カラカラカラ・・・

アメリカに語学留学していた時の話。

ホームステイ先の年上のジョン(仮名)と仲良くなって、
休日は大抵ジョンと買い物やゲームをして暇を潰していた。

ジョンは車を持っていたので、
色々なところに連れて行ってもらってた。
ジョンは日本の文化に興味があったようで、
事あるごとに色々きいてきた。

スポンサーリンク

ある夏の日、ジョンが

「夏は日本ではどんなことするのか」

ときいてきたので、

「泳いだり、スイカ食ったり、花火をしたり…あと肝試しとかね」

というと、肝試しに興味を持ったようで

「なんだソレ?」

「なぜ夏の文化なんだ?」

「どんなことをするんだ?」

みたいにしつこくきいてきた。
だから

「夜に幽霊が出る廃墟に行ったりしない?そういうのも肝試しだよ」

みたいに説明した。
すると、ジョンは

「じゃあ今夜その”肝試し”をしようぜ!!」

と言い出した。
そしてその日の夜10時ごろに郊外の廃墟に
行くことになったわけだ。

その廃墟は家から車で15分ほどの距離にあり、
数ヶ月前から原因不明だが
廃墟らしく(ジョンが車の中で説明してた)
外から見ると小奇麗だが庭などは荒れており、
それなりの雰囲気が出ていた。

ジョンがマグライトをSWAT風に持ち、
その廃墟の入り口の戸に手をかけた。

入り口は案の定閉ざされていた。
面白くなさそうにジョンは窓が開いていないか
チェックし始めた。
すると、1つの窓が開いていたので
そこから侵入することになった。

ジョンが先に中に入ると、
ベランダのドアを開けてくれた。

中は外見よりさらに綺麗だった。
廃墟なのか?と思ったが、
生活感のある物品が乱雑に放置されたている。

売り出し中の物件というわけではないだろう。
侵入したリビングから玄関に出た。
洋画でよくあるような、吹き抜けの建物だった。
そこに出て

「さて、これからどこを見ていくか」

と言った矢先、奇妙な音がした。

「カシャ、カララララララララ、カチャ」

スポンサーリンク

「カラララララララ、カチャ」

「カラララララ、カチャ」

俺が「?」と辺りを見回すとその音は
階段の上から聞こえてくる。
ジョンを見ると、ジョンも「?」といった顔で、
階段の上にマグライトを向けていた。

「カシャ、カララララララララララララ…カチャ」

また音がした。
するとジョンが

「逃げるぞ!」

と叫び、リビングへと走った。俺もその後を追った。
ベランダから外に出て、庭から車まで走った。
すると頭の後ろの2階の窓がガラッと開いた。

「カララララララララララ、カチャカチャ」

「カラララララララララ、カチャカチャ」

ジョンは振り返ることもなく、車に飛び乗った。
俺が助手席に飛び乗ると同時に
俺がドアを閉める猶予も与えずに車は急発進した。

ジョンはすごいスピードを出して
10分ほどで家に着いた。
部屋に戻って、落ち着きを取り戻したジョンに
俺は何を見たのかたずねた。
ジョンは

「2階に男がいた。」

と答えた。
なぜあんなに必死に逃げる必要があったんだときくと、
ジョンは少し頭を抱えて考えた後、
部屋から出てあるものを持ってきた。

ジョンは父親のリボルバーを持ち、
弾倉に弾丸を込める真似をしてカシャっと弾倉を戻し、
弾倉の横を弾いて”カララララ”と音を鳴らせた。

そして、無言でカチャリと引き金を引いた。
撃鉄が空の弾倉に勢いよく叩きつけら”カチャ”っと音がした。
その男が何をしていたのかはもう聞くまでもなかった。

「空砲だったんじゃね?」

とジョンに聞いたが、マグライトで照らしていた時、
弾丸を込めるのが見え、その銃口が
こちらに向けられたので叫んだ、らしい。

もしかしたら、空砲だったかもしれない、
俺達を狙っていなかったかもしれない。
だが、もし本当に銃弾を込めていて、
俺達を狙って引き金を引いていたとしたら…
ジョンは一言つぶやいた。

「車を走らせ出したとき、あの家から銃声が鳴ったの気付いたか?」

それから二度とその廃墟?に近づくことはしなかった。
日本文化を堪能してもらうつもりが、
とんだ肝試しとなってしまった。

スポンサーリンク