嫁「出産時に私か子供選べって言われたら、絶対子供を助けてね」

嫁がいなくなって2カ月経った
まだ立ち直れない。ちょっと愚痴る

俺40。嫁29。結婚1年半。出会って5年
嫁は持病があって子供は諦めてたけど
嫁はずっと欲しがってた
俺は正直嫁さえいれば良かったから
子供出来たと嫁から聞いた時も嫁の体の方が心配だった
妊娠中に嫁から「出産時に私か子供選べって言われたら、絶対子供を助けてね」
ってよく言われてた。そんなドラマみたいな事起きないからと聞き流してたけど
もしそうなったら絶対嫁を選ぶと思ってた

スポンサーリンク

そのドラマのような事が起こった
臨月に入った嫁。救急車で運ばれた。
病院から電話があった
だけど俺は会議中で電話に出られなかった。
手術前に意識のあった嫁が何よりも子供をとの意思確認を
取ったって事で子供優先の処置がされた
子供は無事誕生。嫁は意識戻らないまま数日後いなくなった
自分が母親を早く亡くして寂しかったから、
子供産んだら絶対長生きするっていってたのに

普通なら嫁の忘れ形見の子供を愛して生きていくんだろうけど
俺はその子供を愛せない
今は嫁親戚が預かってくれてる
抱いたのは一度だけ。顔見たのは数回
元気な男の子。嫁に似てるけど嫁じゃない
施設に入れようかと思ってるけど周りは反対するだろうな
初孫だし。男の子だし
でも一緒にいたら虐待しそうだ

どうしてあの時電話に出なかったんだろう

結局、3ヶ月くらいまで養子に出すつもりで悩んでたんだ
今ならかなり良い条件の里親に預けられると聞き、
家族の言葉も聞かず1人で話を進めていた
そんな時、嫁の元上司が訪ねて来てくれた
俺の近況を人づてに聞いたと

この元上司の人は不妊治療の末に子供を授かったと、
嫁からも聞いた事があった
飲み会の席でいつも子供の写真見せながら

「この子らが産まれる為にベンツ一台分は金使ったわwww」

と写真を見せて回ってるって

スポンサーリンク

上司はその時、いつも嫁だけが真剣に
不妊治療の事や成長の自慢話しを真剣にきいてくれてた
自分も病気で子供が持てないかもしれないから
凄く気になると言っていたらしい

元上司の人は俺にも子供の写真見せて
「この子たちが産まれるまでに何人も生まれる事が出来なかった子がいる。
子供が元気で生きてるってそれだけで奇跡なんだよ」
泣きながら俺に諭してくれた

嫁は妊娠がわかってすぐに会社辞めた、
安静第一に過ごしたいから
妊娠がわかったのは本当にまだ数週目だったから
妊娠の事はこの元上司にだけ伝えて退職したらしい
報告に来た時の嫁の顔と自分の家内の顔がだぶるくらい、
幸せでたまらないって顔だったって
だから嫁の訃報を聞いてからも子供の事がずっと気がかりだったと

その元上司は大学出て直ぐに結婚して、
数年後子供作ろうとしたらなかなかできず、
治療の末にようやく授かった時は俺と同じ40になってからだった
だから戸惑う気持ちもわかるけど、
嫁さんの事を思うなら君がしっかり育ててやって欲しいと言われた

40代のおっさん2人が泣きながら語りあった

とりあえず育休を取れと言われた
ダメなら私からも頭を下げるからと

嫁の会社は名前知らない人はいないくらいのデカい会社
うちとは業種も規模も全く違うけど、
そこの会社の部長に頭下げさせたら多分全員心臓止まるだろう

育休は元上司の方にお出まし頂く事なくなんとか3ヶ月貰えた
男では初めてだよとブツブツ言う奴はいっぱいいたけどね

子供預かってくれてた元看護師の嫁叔母にレクチャー受けて、
なんとか1人で世話出来るようになるまで半月
アパートに連れ帰ってからは天国と地獄を行き来してたな

でもなんとか1歳の誕生日を迎えられたよ
長い様な短いような…本当はもっと書きたいことあったのに上手くまとまらんw
お喋りはババばババばばかりでちっともパパにならないけど、
最近嫁じゃなくて俺に似てるってよく言われる様になったし
子供と居る幸せを毎日噛み締めてる

本当に嫁に心からありがとうと言いたい
あと、嫁上司や助けてくれたたくさんの人たちにも
ありがとう

スポンサーリンク