完全絶縁した私が通りますよ。
10才の時に妻と子供を捨てて若い女に走った父。

それから9年後に離れた所の市役所から
電話が来た。

「お父さんが病気になって生活保護を申請しているが、
実子には扶養義務がある。
速やかにお父さんを引き取れ」

スポンサーリンク

とかなんとか。
キレてしまった私は

「借金を妻、子供に押し付けて若い女の所に行った奴の扶養?!
ふざけるな!これまで私たち母子が
どんな極貧生活で苦労をしてきたのか!
進学も出来ずに陰口に堪えながら、
生活保護も受け取らずにやって来て
何とか借金もメドが付いてきたトコに何故だっ?!」

スポンサーリンク

って言ったら市役所の担当は

「そう言われましても実子には扶養義務がなんたらかんたら」

と繰り返すばかり。
余りにもキレた私は冷静に

「わかりました。父の住所は当然わかりますよね?教えて下さい。」

と言ったら相手は嬉しそうに
「わかっていただけましたか。」と言ってきた。

「いえ、義務がどうとかはわかりませんが居場所を教えて頂ければ、
恨みもありますので刺しコロしに行きます。さあ、教えて下さい!」

と言ったのに
モゴモゴ言って電話を切られた。
それからは一度も電話は来なかった。
激しくスレ違い、自分語りスマソ。

スポンサーリンク