朝、庭の水やりをしててつまずいて気絶した。意識が戻ったら5年経過していて夫と娘ができていた。

ハタチの時、朝に庭の水やりをしてて、
ホースに足を引っ掛けてしまい、
近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。

ものすごく痛くて、声も出なくて
うずくまってたらだんだん脂汗が出てきて、
ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、
気づいたら夕方になってて家の中にいた。

家の中っていっても自分の家じゃなかった。他人の家の匂いがしてて、
私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。

「え?え?何??誰かに連れ去られた??」

と思ってたら、ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て

「一緒に遊ぼう」

って言うの。
ものすごくびっくりして、でもとりあえず

「ママは?」

って聞いたら

「ママも一緒に遊びたい」

って。
どうしようどうしようって混乱しながら家の人が誰かいないか
確かめようと思って、女の子と手を繋いで家の中を歩きまわって、
洗面所で鏡みて驚愕した。

私は普通体型でギャルっぽい格好だったのに、
髪の毛が黒くてゆるふわみたいなオダンゴしてて、
老けて痩せてた。
すごい長いこと鏡見てたと思う。

カレンダー見たら水やりしてた日からちょうど5年経ってた。
その女の子は私の子供だった。
実家に電話したら

「どうしたの?昨日そっちに行ったばっかりなのに」

的なこと言われて、本気で怖くなって受話器放り投げた。
夫らしい人が帰ってきてその日は外食したんだけど、
私の様子が変なせいかすごく気遣われた。

つまり、意識のない間に恋愛して結婚して子供まで産んでたんだけど、
まったく何も覚えてない。

あれから1年とちょっと経つんだけど、まだ普通に生活してます。

正直なところ私にとって突然現れた家族なので、
戸惑いもありました。
子供はやっぱり母性本能があるのか、
この1年でとても可愛いと感じるようになりました。
夫については、感謝はしていますが、
結婚に至るまでの過程を知らないので…。

このコピペ思い出した。実話なら恐ろしすぎる。

風邪をひいたらしく寒気がするので、
東京の大久保にある病院へ向かった。
頭がぐわんぐわんと痛み、西武新宿線のつり革にしがみつくようにして
目を閉じて必死に耐えていた……そこで記憶が途絶える。

スポンサーリンク

気づいたら夕暮れどき、見知らぬ場所に立っていた。
いままで買ったことのない服を着ていて、髪は染めたこともなかったのに茶髪。

パニックになり、近くのラーメン屋に駆けこんで場所を尋ねたら、
大阪市の福島駅の近くだった。
しかも1年ほど時間が経っている。

ケータイは機種が変わっていて、アドレス帳には「ま」とか「ひ」みたいな
一文字の名前の登録が10個ほどあっただけで、知人や家族の番号はなかった。
わたしはなぜか、その知らない電話番号が怖ろしくなって、
ケータイを川に投げ捨てた。

警察から実家に連絡したら、家族もびっくりしていた。
捜索願を出していたらしい。

その後、東京の実家にもどり、もとの会社にはクビになっていたので、
いまは派遣の仕事をやっている。いまでも月一で精神病院に通っている。

よく似ていますね。
何が怖いって、自分としての意識がないのに、
ちゃんと仕事もしてたり 友達と遊んでいたり、
恋愛したりと普通の生活をしていたことです。

親には当時のことを聞きました。
でも親も私が胸をぶつけた(意識を失う原因となった)
ことは覚えてませんでした。
ただ、「急に」大人しいというか真面目になった時期が
ハタチのときにあったと言ってます。
親は、それを夫と出会ったおかげだと思ってるみたいです。

夫には話せてません。
思い出話は、家計簿や、アルバムなどで、少しずつ補完してます。
ちなみに、意識をなくす前は自分のことを名前で呼ぶ女だったので、
意識が戻ってからそうしてたら、びっくりされたというか引かれました。

記憶喪失なんでしょうか。
5年間は以前の私とは別人のような性格になり、
生活して、1年前に元に戻りました。
今も家族で暮らしてますが、一人になると
今でも時々ぞっとするような恐怖感に襲われます。
5年間の私は一体何だったんだろう?と。
頭はハタチのバカっぽいギャルな自分のまま突然25になったので、
わけがわからない。

意識を失う前していた仕事はすぐ辞めていて(給料振込みの通帳を見た)、
その後すぐ一人暮らしして転職していました。
夫とはそこで出会ったみたいです。なので、
共通の知人は職場の人です。
以前の友人とも付き合いが続いていて、
家族で互いの家を行き来したりしているようでした。

ただ、なぜか転職の時実家から
かなり離れた土地に越したので(今も)
新しい友人関係のほうが多いです。
付き合い方が分からない…

スポンサーリンク