DQN「は?脅してんすか?俺○○組の幹部知ってるんすよw」

国道をノリノリで熱唱しながらドライブ、赤信号で停車中。

 

その時、前の軽自動車が急バックして俺の車と衝突。

俺は車道の端へ車を寄せフロント部分を見ていた。

軽自動車の運転席から出てくる男。

 

18~20くらい、上下ジャージ、金髪プリンの見た目DQN

ヘラヘラしながら近づいて来て

 

「すいませんw俺の知り合い板金やってるんで

そこに頼んだら完璧に直せるっす」

 

俺「これ国産じゃないからディーラーに出すけど、とりあえず警察呼ぼうか」

 

DQN「いやいやいや、まじ警察勘弁っす。

マジ知り合い完璧に治せるんすよ」

 

俺は無言で携帯から警察へかけようとすると、

そのDQNは俺の携帯を取り上げ

 

DQN「いやいやいや。マジで。マジで。

なんなんすか自分マジで。」

 

と、俺の車のフロントガラスを叩いた。

ちょっとムカついたが我慢。

この我慢は後で分かるが俺からすると必然的なものだった。

スポンサーリンク

DQNも相当イラついている様子。

しかし、ちょっとそこはムキになって携帯を取り返し、改めて話を聞いた。

 

DQN「あれ女の車なんすよ。

せめて女が運転してたって事にしてくないっすか」

 

俺「アホかw彼女も今乗ってんの?彼女になすりつけるとか最低やなw」

 

DQN「マジ頼みますって。俺今、免停中なんすよ」

 

俺「知らんわw保険とかおりないじゃん。大丈夫かこれ。払える?」

 

DQN「は?ゆすってんすか?俺○○組の幹部知ってるんすよ」

 

俺「www」

 

助手席からDQNの彼女が降りて来たところで、俺は警察へ電話。

 

↑ここまでのやりとりは全て俺のドライブレコーダーで音声付で残っており、

警察2人・俺・DQNの4人でそれを見ていた時、DQNは泣いていた

 

また、その彼女は無免許で、その軽自動車は彼女は姉のものだった。

ドライブレコーダーを付けて3年目、初めて付けてて良かったと思った。

 

ただ検証の為に繰り返し再生される度に俺の熱唱からスタートするという辱めも受けた。

スポンサーリンク