私の町に神経分からん最悪な料理店が出来た。田舎の恐ろしさを店は理解したのかも知れない

昔、私の町に神経分からん最悪な料理店が出来た。
イタリア料理店のパスタ・ピザ・食べ放題有りを謳った店だった。

ちょっと走れば田圃が大量に広がるド田舎に

『ビュッフェ食べ放題イタリア料理店』

お洒落な響きの店が出来たものだから、
最初は好奇心から大人気だった。
私も学校帰りに友達と食べに行ったけど…、まあ酷い店だった。
アレ程酷い店は後にも先にも見た事無かった程。

スポンサーリンク

まず、「ビュッフェ食べ放題」というのは嘘というか詐欺に近い形で、
まず多くの人が食べられなかったろうと思う。
…というのは、「ビュッフェのみ」という物は無く、
全てのメニューで強制パスタ+ビュッフェ、
もしくは強制巨大ショボピザ+ビュッフェだったから。
そしてまた店員たちが「パスタかピザは強制注文になります。
また、完食しない限りビュッフェに行かないで下さい。」と宣う。
ついでにビュッフェコーナーに行くには『空になったパスタ・ピザ皿』
とビュッフェ皿を店員に交換してもらうシステムだった。

このくっそムカつくシステムといい、
店員の命令といい、この時点で来た事をかなり後悔していた。
しかもパスタ・ピザ単品も存在しない為、
ビュッフェに行けなくても2000円近く取られる。
ついでに値段は席に着いてからでないと分からない。
外で書いてたら入ってない。
(嘘つき、詐欺じゃん、こんな店初めてだよ…、ありえない)
と静かに店へのヘイトを言っていた私達に、
欲しくもなかったパスタが来た。

全員パスタを頼んだけど、
またこのパスタが1人1人デカ皿にど~~~ん!!
ここで全員、思わず「え”~~~!?」と不満の声をあげてしまった。

意地でも食べ放題に行くつもりだったけど、諦めざるを得なかった。
そして…、食べてる最中、友は最悪な事に気付いてしまった。

スポンサーリンク

麺の中に10cm位とか、小指位とか、
異様に短い麺がある事に。
しかもどうみても汚く切れている麺がある事に。
これ…、これ……、まさか!他人の残り物混ぜてるの?まさか!?
と5人で固まって吐き気さえ覚え、速攻食べるのやめて店を出た。

高校生には途轍もなく痛い10500円を払い、店を出た。
そして新たに入ろうとしたお客さん達に

「ダメですこの店!絶対に止めた方がいい!」

と店の有様を訴えていた。
更に結構後からおじさんおばさんが超不満顔で出てきた。
店に

「食い放題片付けとけやあ!何で要らんもんで
腹いっぺえにされにゃイカンのじゃあ!二度と来ん!!」

と怒鳴りながら。
流石に店に怒ってたのが私達だけじゃなかったから、
入ろうとした人達も私達の言い分を信じて帰って行った。
あれだけは良かったなあ。
次の日、学校で「あの店さあ!」と店の悪口言いかけたら、
「え、知らんかったの?あそこヤバイよ。」
と聞いて何だかガクッと来た。既に悪評は有名だったよう。
ついでに『他人の食べ差し提供疑惑』も。
保健所通報の話は聞かなかった。
多分疑惑レベルだったからかな。

開店3カ月後
田舎の恐ろしさを店は理解したのかも知れない。

ビュッフェの文字は消え、夕食は2000円から1600円、
ランチは1600円から1000円にダウンしたそう。
しかしその頃には悪評を知らない人は珍しく、
駐車場はいつでもスカスカ、店内は人気無く、
「行ってはいけない店」と有名になっていた。

店長らしき男がラミネートされたメニューを配って回っても、
市内の住民達は冷ややかにしていたのを覚えている。

そして店は無くなった。
半年も持たずに潰れた店は初めて見た。
まあ、アレじゃ当然だろうな。
ちなみに店の名前はとある高級ネコごはんを彷彿とさせる名前だった。
なので、あの店は「ネコ飯みたいな名前の店」と呼ばれていた。
うちの猫が〇のス〇ーン缶がお気に入りになった記念に書いてみた。

スポンサーリンク