彼の妹子は人懐っこく、甘え上手で私に色々なものをくれたが→「迷惑だった?」妹子は手首を

当時
私子 23歳 会社員
彼男 27歳 会社員
妹子 23歳 彼男の妹、可愛い系

私子と彼男はお互い一人暮らし。
付き合って4年。結婚の話が出て、互いに家族に紹介。

話には聞いていたけど、妹子とはその時に初めて会った。
妹子は人懐っこく、甘え上手なのもあり、すぐに仲良くなり、
私子も同い年とはいえ妹が出来たようで嬉しかった。

丁度その頃彼男が仕事で忙しかったため、妹子とよく一緒に遊ぶようになった。
家に来て、彼男・妹子家の味を教えてもらったり。

スポンサーリンク

しかし婚約祝いに、と毎回のように色々な物を
プレゼント(服や小物等色々)してくれる妹子。

妹子のくれる物はセンスが良いので嬉しかったけど、流石に悪いと言うと

「気にしないで!だって嬉しいんだもん♪」

とニコニコ。

彼男に言っても

「まあ気持ちだしいいんじゃない?」

そんなものかなぁと一応納得。

ある日、妹子と会うと見たことのあるアクセサリーをしている。

「これ?気に入ったから私子さんとお揃いにしたの♪」

以前プレゼントしてくれた物と同じものだった。

その後プレゼントは生活用品(カーテンや布団カバー、クッション等)なんかに
どんどんエスカレート。
段々不気味になり、少しずつ距離を置き始めた。

そんな時、彼男が家に来ると不思議そうな顔。

「どうしたの?」

「いや、なんか妹子の部屋にいるみたいな感じ」

模様替えを手伝ってもらった時、妹子が持ち込んだ物なんかで
すっかり妹子テイストだった。

ここで最近のことを言うと

「昔からちょっとそういうのが過剰なところがあると思ってたけど、まぁ俺からも話しとくよ」

とのこと。

スポンサーリンク

次の日、仕事から帰ると部屋の前に妹子が立っていた。

「どうしたの?連絡くれれば良かったのに」

「ごめんなさい。直接お話したくて」

とりあえず部屋に入れると

「迷惑だった?」

とポツリと切り出す妹子。

「気持ちは嬉しいけど…」

と言葉を返す私に、今まで穏やかだった妹子が一変して怒鳴り出した。

「あんたなんかただの身代わりのくせに文句つけんじゃないわよ!!この泥棒猫!!!」

何が何やらわからない私子に怒鳴り続ける妹子。
実は妹子は相当なブラコンだったらしく、トンデモ理論を展開。

・私子と妹子は同い年!
→そうか!彼男お兄ちゃんは本当は妹子と付き合いたかったんだ!!
→私子は妹子の身代わりだ!!
→そんな我慢しないで!妹子は彼男お兄ちゃんさえいればいい!!!
→でもお兄ちゃんが(世間に対して)我慢する気持ちも尊重しなきゃ!
→せめて私子を妹子風にしとけばおk!
→お兄ちゃんの為!私子文句つけてくんな!糞が!!←今ココ

とにかく興奮する妹子を宥めなきゃと、ひたすら謝りまくる私子。
それで満足したのか、いつものようにニコニコして

「あんたなんかさっさと死になさいよ、バーカ」

と捨て台詞を吐いて帰る妹子。

すぐに彼男に連絡。
急いで家に来てくれた彼男に話すと、妹子がそんなこと(恋愛感情)を
考えていたとは全く知らなかった様子。
とにかく妹子と話し合ってみると言う。

その後、彼男に怒られた妹子は目の前で手首を切ったらしい。
→彼男と私子、付き合いを続けるも、互いに鬱気味になりギクシャク。破談。

彼男と両親は物凄く謝ってくれた。
凄くいい人達だったけど、妹子には身の危険を感じた為、私子は引っ越した。

今、彼らがどうしてるかは知らないけど平穏だといいな。
厄落としに、失礼しました。

スポンサーリンク