12歳年上の元嫁に夢中になった結果、結婚記念日に弁護士を同伴した

10年ほど前、25の時に、
当時勤めていた会社で派遣で働いていた
12歳年上の女(元嫁)に夢中になってしまった。

その頃の俺なんて本当にガキで、
行き遅れ女のいいカモだったんだろうと思う。
俺は昔からモテなかったし、
恥ずかしながら25で彼女いた事なかったし。

仕事で失敗して凹みまくってる俺を励ましてくれて、
仕事のフォローもしてくれて
お礼に飲みに誘ったら、
気が付いたら深い関係に・・・
いや、向こうから踏み越えてきたwww

そこから元嫁にのめり込んでしまったんだな。
俺、アホだったw

職場の何人かの先輩から
「あの女は止めとけ」って注意された。
もちろん母親にも大反対された。
俺んち、父親が高校生の時に他界して、
家に男は俺ひとりだったし
母親からしたら、まさか一回りも年上の女と
結婚したいって言い出すなんて
悪夢でしかなかったんだろうな。

でも反対されればされるほど盛り上がってしまったんだ。
ほんと、俺、アホだったww

スポンサーリンク

元嫁は早く子供が欲しいから仕事は辞めるって言った。
俺も子供は欲しかったし、
彼女の年齢からもリミットだと思ってたからOKした。

幸いというか、俺の実家は
父親が亡くなったとは言っても結構裕福で
俺自身の名義の蓄えもン千万単位であったから、
生活への不安は全くなかった。
結婚を許してくれないなら
親子の縁を切る!みたいな啖呵まできって結婚した。

何度も言うが俺、アホだった。

悪夢は結婚してたったの三か月後に来た。
その日気分が悪くて早退したんだが、
キャッキャキャッキャと
はしゃぎながら電話をしていた元嫁は
俺の帰宅に気付かなかった。

そこで信じられないような話を聞いてしまった。
相手は男。
甘えるように男の名を呼んでたから間違いない。

ぼんくら男(俺)を騙すのなんてチョロイ、
あいつ多額の預金を持ってるから、
派遣なんてみみっちい仕事しなくて
これから楽に遊んで暮らせる、
少しずつ引き出して
自分名義にすることだって簡単だ、
保険もそろそろ受け取り人を変えて貰わなきゃねw

って、そんな話を楽しそうにしてた。
次いつ会えるの?なんて話もしてた。
俺、頭の中が真っ白になって、
音を立てないようにそのままマンションを出た。
急な出張だと嘘をついてビジホに泊まった。

自分のアホさに一晩中泣いた。
その後は憎しみが押し寄せてきた。
あいつにとって誤算だったのは、
俺は確かにぼんくらだけど
執念深い部分もあることに気付かなかったことだな。

まずは徹底的に証拠集めをした。
昼間っから不適切な場所に出入りする写真も、
友達と飲み会だと嘘をついた日の
証拠の写真も撮れた。

スポンサーリンク

俺の金で色んなもん貢いでたけど、
調査の段階で相手の男にとって
元嫁が遊び相手だってことも分かった。

ある日
「保険の受取人を変更しなくていいの?」
と言ってきた。
「あなたにもしもの事があるなんて考えたくないけど、
やっぱり不安だしぃ」なんて、白々しい芝居をしやがった。

今は忙しいから結婚一周年の時に記念に
名義変更やらなんやかんや
色々考えてることあるんだ~って、
こっちも芝居打ったら目を輝かせて喜んでた。

元嫁の裏切りを知ってから、
一番苦痛だったのは夫婦生活だった。
元嫁はとにかく要求してきて、
毎日でも大丈夫だと思ってたようだ。

裏切りを知らなかった時ならまだしも、
知ったあとでは
ただのババアにしか見えなくなってたし
けど、断ると怪しまれると思って必死で頑張った。
疲れてるのを理由にして徐々になくして、
それでも週一はあったかな。

で、結婚一周年の記念日。
元嫁は有名レストランの個室を希望していたが、
そんなところで醜態を晒したくないので
予約を入れてるふりをして、
仕事が終わったら早めに帰るから
家で待ってるように言っておいた。

そして弁護士同伴で帰宅後、
あらゆる証拠を突きつけて離婚通告。

離婚だけは勘弁してくれ、
この年で捨てられたら生きていけないとか
見苦しいぐらい泣いて
化粧が流れてデビルマン~ババア編~みたいだった。

「今後どうやって生きていくかは自分で考えてくれ、
派遣でもすれば?」って言ってやった。

俺もアホだったのは間違いないので、
慰謝料を請求しない代わりに財産分与もなし、
ただし相手の男には慰謝料は請求するってことで、
翌日には当面の荷物をまとめて出て行ってもらった。

その後、元嫁は
相手の男とも連絡が取れなくなったらしい。
就職も上手く行かず、地元に戻ったらしい。
今何をしてるのか知らん。

離婚してから
勘当同然になっていた母親と連絡をとったが
無茶苦茶怒られた。
「そんなもん、男なら
騙されたと分かった時点で離婚しろ」と言われた。

妹には「兄ちゃんきもー」と言われたw
自分でもその一年を振り返るとキモい、確かに。

元嫁を放り出しても全然スッキリしなかったし、
後悔はしないけど
あれで良かったのかどうかは未だにわからん。
俺がアホだったのが一番の原因だな。

ただ救いだったのは、
あれだけ止めてくれた先輩たちが
離婚後、若気の至りとして笑い話にしてくれたこと。
(もちろん、細かく知ってるわけではないが)

そして面倒見のいい先輩に紹介された同い年の女性と
その後バツイチ同士で再婚して一男一女に恵まれ、
平凡ながら安らげる家庭を持てたのは
アホの俺にとっては奇跡だ。

スポンサーリンク