飲み会で飲めない私「上司に酒を強要されて、死にそうです、 助けて下さい」警察に連絡した

私はお酒が飲めない。全く飲めない。
日本人でも数パーセントだという
アセトアルデヒド非活性型だ。
パッチテストすれば肌が完熟イチゴの赤になる。
飲んだら病院行かないといけない。

スポンサーリンク

致死的に飲めないせいか、
飲み物でも漬物でもアイスやチョコなどのお菓子、
初めて見る料理でも、見るだけで何となく
「酒入ってる」とわかる。
匂いなのかもしれないが、とにかくわかる。
0.03%のアルコール含有のアイスでもわかった。

というわけなのだが、学生時代も社会人になってからでも、
酒を飲ませようとする人が現れる。
「乾杯くらい」とか「お祝いだから」とか
「これは悪酔いしないから」とか色々言われる。

私も自分の健康がかかってるので、
「全く飲めないたちで」とか
「今日はちょっと薬を飲んでて体調が」とか
穏便に断るけど、最後はもう無視したりする。

新卒で就職した、
まあまあ名の知れた建設会社の新歓会でも、
「一杯くらい」と上司に散々言われ
最終的に強めにお酒を断ったんだけど、
トイレから戻ったら、
飲んでたジャスミン茶のグラスにウィスキー混ぜられてた。

スポンサーリンク

もうグラス見てわかるし、
その上司の気持ち悪い笑顔と周りの人の
「大丈夫かなー」みたいな顔でもう、バレバレだった。

「あー私なんて、
倒れても死んでもどうでもいい新入社員なんだな」
と思ったらもう無力感に襲われて、
飲み屋の厨房に
「すいませーん、急性アル中で一人倒れそうなので
救急車すぐにお願いしまーす」って言って、
携帯で110番して
「上司に酒を強要されて、死にそうです、
助けて下さい、場所は○○駅の○○です」
って言って電話切った。

それからグラス一気飲み。
すぐ顔がカーっとして
眩暈と吐き気がして天井を見た後は、記憶が消えた。

目を覚ますと病院で、点滴打って一日入院して帰った。
会社に行ったら、行った途端に
人事部の偉い人が来て「配属変わったよ」と言われた。

新しい配属先は、新卒では配属されない
社長直下の花形部署だったのですごいラッキーだった。
社長も何故か初めは私にビクビクしてる様子だった。

身に余る花形仕事と給与を貰って、数年前円満に退社した。
今はその経験を活かし、独立して仕事してる。

スポンサーリンク