珍走に間違われてセルシオのおっさんに「オイコラ、テメエラ迷惑じゃボケぃ」

俺も族に間違えられて酷い目にあったよ(´・ω・`)
住宅街の片側一車線の道を夜中にバイクで走ってたんだ。
バイクはSTEEDってアメリカン。
居酒屋のバイト帰りで時刻は夜の一時くらい。
本業は真面目な大学生です。

ある晩の帰り道、
三台のバイクが低速で
道いっぱいに広がりながら走ってて、
その後ろに白のセルシオが走ってた。
俺はそのセルシオのあとを
時速20キロにも満たない速さで走ってた。

スポンサーリンク

そのまま一分くらい走ってたらセルシオが突如、
プァーーパパパーとクラクションならしながら
道路を右に左にきゅるきゅるタイヤをならしながら
バイクをあおり出した。
バイクもブォンブォンふかしながら蛇行してはしりだした。

そのまま一分くらい走ってて、
突如セルシオが道の真ん中に止まった。
俺もブレーキかけて止まった。
そしたらセルシオからスーツ着たおじさんが降りてきて、
「オイコラ、テメエラ迷惑じゃボケぃ」
みたいなことを叫びながら俺を突き飛ばした。
そんでバイク毎倒れる俺。

俺「何するんすか!?俺は関係ないです!」
お「嘘つけ!お前も煽ったやないか」
俺「いや、低速だから近かったかもしれませんが
正当な車間距離は取りました!
実際危険運転したのは貴方でしょうが?」

そこでオッサンは黙ったが
俺は「俺もこんな目にあわされてむかつくんで」
と警察を呼んだ。

警察が到着し、経緯を説明。
そしたらオッサンは、
「彼が追突しそうになって単独でコケた」
と主張をしだした。


「人を悪者扱いして突き飛ばしといてシラを切るんか!」

「おいおい、
お前が危険運転して突っ込みかけたんやろうが…」
などと主張は平行線。
夜中で目撃者もいないため言いまかされそうだった。

スポンサーリンク

しかし、警察が俺を助けてくれた。

「えーと、バイクのブレーキ痕はありませんね。
じゃあ速度は出てない…」

「はい、低速でした」

「で、今確認してますが
あちらに真新しい蛇行によるタイヤの痕があるんですが、
それはセルシオの?」

「違います。彼のバイクです。低速で蛇行してました」


「いやね、バイクは車重軽いし
タイヤ細いしそんなんじゃつかないのよ。
明らかに車なんだよね。」

じゃあ書かせていただきますm(__)m


「タイヤのゴムを採取して調べましょうか?
あと道路ぞいのコンビニの証言やビデオも
証拠として集めましょうかね?」

そのころにはおっさんは、
「え~」「あの~」しか言えなくなってた。


「バイクの方、貴方は何が望みですか?
セルシオの方に何を望みますか?」

「謝罪とミラーの修理代ぐらいです」


「セルシオさん、このままですと我々は調査をし、
貴方を危険運転で逮捕しなければならないでしょう。
バイクの方はそこまで望んでられませんし、
バイクの方が納得されるんでしたら我々は帰ります。
いかがなさいますか?」

そこまで言われるとおっさんは観念したのか
「すいませんでした」と頭を下げた。
金も謝罪の意味も込めて一万円もらった。

俺は警察に何度もお礼を言い、
頭を下げてパトカーが去るのを見送り、
後日手に入れた一万円で
ちょっと人には言えないアイテムを新調した

スポンサーリンク