Q州で義弟の結婚式に出席したらトメが「大学出を鼻にかけてなかなか躾も出来ません。  困ってますのよ。」

旦那の弟がQ州で結婚式だったからウトメ・私たち夫婦で出席した。

小部屋で親族の挨拶があった。
トメは旦那の弟のお嫁さんになる
新婦さんとそのご両親・親族に自分側の親族を紹介。
一番最後に私のことを紹介した。

「この子(旦那)の嫁ですの。
大学出を鼻にかけてましてね、なかなか躾も出来ません。
困ってますのよ。はぁぁぁ。」

ウトメの親族は大笑い。
こんなに人から嘲笑されたのって初めて。
カーッと頭に血が上ったよ。

スポンサーリンク

笑ってる人を順番にじっと見てやった。
鼻にかけるほどいい大学出てないし、
鼻にかけた覚えもないのに。
どうしてこんなこと言われなきゃいけないんだろうって
じっと眺め回してたら、 旦那の弟も笑ってたけど
隣に立ってる新婦さんは笑ってなかった。

新婦さんのご両親も親族も
「えっ??」って感じで固まってた。
横を見ると旦那も笑ってた。

笑ってる旦那をそのままじっと見つめてやってたら
急にみんな笑うのをやめた。
旦那は「やばっ」って感じの顔で横を向いた。

トメが「ちょっと、嫁子さん?」
って言いかけたとき、
新婦さんとご両親に頭を下げた。

スポンサーリンク

「おめでたいお式ですが私は
このまま実家に帰らせていただこうと思いますので
失礼させていただきます。
私の両親はこんな風に人に笑われるために
私を生み育ててくれたわけじゃないので。どうぞご理解ください。」

ゆっくりそう言って部屋を出た。

部屋を出たとたん涙が止まらなくなった。
旦那は追いかけてこなかった。
タクシーを呼んでもらって駅まで行って、
実家にいきなりだけど帰りますと連絡した。
とりあえず家に戻って最低限の荷物を持って実家に戻った。

酔った旦那からお前のせいで式が潰れた、
大人気ないという留守電が入ってたけど無視した。
明日離婚届を取りに行く。
2年か…。短い結婚生活だった。
でも、あんなふうに人様に嘲笑させるために
うちの親は私を育てたわけじゃない。

あのままにしたら私の両親まで嘲笑されることになる。
思い出すと身体が震えてくる。
眠れないけど明日に備えて寝ようと思う。

多分旦那の弟はこのまま破談だろうな。
私のように嘲笑されるお嫁さんが減ったことはいいことだ。
人様の結婚式をつぶしてしまったDQN行為だったけど、
そう思って胸を撫でさすって深呼吸してみる。

ちくちく嫌味を言うウトメだと思ってたけど、
このまますっぱり旦那ともども縁を切りたい。
眠れるかな?
寝ます。
明日から頑張ろう。

スポンサーリンク