宝くじで結構な金額を当てたおじさんは町長選挙に出ると言い出した

叔父さんが宝くじで結構な金額を当てた。
もともと破天荒な人だったけど、
突然町長選挙に出ると言い出した。

叔父さん含め立候補者は3人、
対立候補は元町長のA、元町会議員のB。

叔父さんは立候補はしたものの
碌な選挙活動はせずに対立候補Aの邪魔
(Aの演説中に近くで演説したり、
Aの政策のアラをついた演説)
っぽい事ばっかしてた。

スポンサーリンク

そんな人なんで後援会も集まらず、
うちの親含めた親族で細細とバックアップしてた。

選挙の結果、ダントツでB氏が当選
叔父さんに「残念だったね」と声をかけると

「いやいや、あの活動で受かるほど
町民馬鹿じゃないだろw」

スポンサーリンク

「それに俺、もともと町長なんてなる気ないよ?」

としれっと言うから

「え、じゃあなんで選挙なんか出たのさ?」と聞くと

「うまく隠してたけどAは町長の立場利用して
Aの弟の○○建設に仕事ふって私腹肥やしてきたクズだから、
あいつを落とすため(キリッ」

「Bは線は細いけど真面目な男だから、
格別町が良くなるこたないけど悪くもならんだろ」

「あぶく銭使って
想定どおりの結末迎えるなんて最高の気分だぞ?
まだお前にゃわからんだろけど」

と飄々としてた。

宝くじの当選金は使い果たしたから、
お年玉が増えたりしなかったのが不満だけど
降って湧いたお金の使い方としては
子供心にかっこいいと思った。

スポンサーリンク