保育士を子供と遊ぶ楽な仕事とバカにする旦那と離婚。そして転職した。

最近保育士不足の事が問題になってるけど、
元保育士が旦那との修羅場を含めて語ってみる。

私は夢をもって保育系の短大に行って保育士になった。
働き始めて3年立つ頃には、
ぽっちゃりしていた体型がすっかりやせ細って病み始めた。
モンスターペアレント、意地悪婆上司、
軽度の発達障碍があると思われる子の対応、
残業、持ち帰りの仕事。

あんなに大変だったのに給料は20万無い。

結婚半年の旦那は保育士の仕事の理解は無かった。
保育士=可愛らしいルンルンな仕事と思っている節がある。

だからたまに愚痴を零せば、
子供と遊んでるだけなのに!
給料が安いのは当たり前。楽な仕事なんだしさ。と
まっったく理解していなかった。

スポンサーリンク

転職をしたいと言っても、
楽な仕事を捨てるなんて
社会を馬鹿にしていると怒る。
なにがどうあっても転職をするつもりだったけど。

スポンサーリンク

それが最近、
資格無しでも保育士募集中☆と聞いて脱力した。
保育士不足からくる緊急対策なんだろうけど、
私が今までしてきた努力はなんだったんだ。

奨学金を借りて学校行って資格を取った意味は?
待遇や仕事内容に差はあるんだろうけど、
それでもモヤっとした。

それを知った旦那は、
やっぱりお前の仕事は
資格なしでもできるんじゃんw
とpgrが止まらない。

4月から新職場、そして離婚するつもりでいる。
それを伝えたら旦那は大暴れ。

私みたいな辞め方をする人がいるから
保育士不足は止まらない。
例の保育園入れなかった人のブログの話題から
保育士の現状があちこちで放送されて、
保育士を諦める人も出てくる。

そして何よりも保育士の大変さを知らない
保護者の意味不明な苦情、
旦那が抱いたような保育士のイメージ。

また保育士に復職したいとは思わないだろうな。
あの時はあんなに夢いっぱいだったのに。

スポンサーリンク